FUJIFILM X-E2

FUJIFILM X-E3を試す。ACROSモードで撮る。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

FUJIFILM X-E3を試す。ACROSモードで撮る。

楽しすぎるだろう、ACROSモード。1枚目を撮った直後、背面モニターに映し出された写真を見て、僕は思わず心の中でニヤリとした。

ACROSモードとは、現行のFUJIFILM機に搭載された撮影モード「フィルムシミュレーション」のひとつで、富士フイルムが販売していたあの黒白フィルムの「ACROS」の描写を再現したというもの。フィルムユーザーにはたまらない響きの撮影モードだ。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

手に入れたばかりのFUJIFILM X-E3を初めて街に持ち出すにあたり、僕はなによりまずこの「ACROSモード」を試してみたかったんだ。以前僕が所有していたFUJI機はひと世代古い機種だったから、このACROSモードが使えずにいた。今回、X-E3を手に入れたのは、ACROSで撮りたかったというのも実は大きな理由のひとつだったのだ。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

フィルムの描写の繊細な違いを説くスキルは僕には無いけど、そんな僕でもこのACROSのトーンは明らかに他のカメラの黒白モードとは何かが違う、と瞬間的に感じるのである。このACROSで撮るということのためだけにFUJI機を手にするというのも全然大アリだと思うのである。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

もちろん、正確にはフィルムとデジタルの違いは明確だから、フィルムのACROSの描写のそれとは同じではない。でも、そこに漂う階調のなめらかさや光の宿り方には、ACROSの魂が生き写しのように込められていると感じずにはいられないんだ。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

ここにあげている写真はすべてJPEG撮って出しでノーレタッチ。画像サイズもノーマルで、特別なことは何一つしていない。まさにただシャッターを切っただけの写真だけど、それでも撮り手に思わずニヤリとさせるこのACROSの描写とは只者じゃないし、これぞフィルムメーカーである富士フイルムの真骨頂なんだろうね。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

と、ボキャブラリーの乏しい表現しかできなくて恐縮だけど、そこは写真の腕と同様大目に見てもらって、ACROSで撮れるであろうトーンだけなんとなく掴んでもらえればと思う。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, ACROS

そういえば、本家であるフィルムのACROSのほうは、一度販売終了したものの、コストと材料の見直しなどを行なってこの秋にACROS IIとなってマーケットに帰ってくるとアナウンスされている。値段はそれなりに上がるだろうと言われてるけど、再販されたらやはり試してみたいよね。デジタルのACROSとフィルムのACROSの描写を今一度比べてみるという意味でもね。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type, 純正ケース装着

X-E3試し撮り初日の写真たちなんで、どこまで参考にしてもらえるかは分からないけど、FUJI機のACROSモード未体験の人たちに何らかの目安になれば僕もうれしいんだけど、どうだろう。まあ何はともあれ、このカメラを手に入れてやっぱり良かったと思わずにはいられない、ちょっとうれしい夜なのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です