KONICA C35

「フィルムコンパクトとRICOH GR」という組合せが最強ではないだろうか。

初代RICOH GRとKonica C35

僕がこれまでスナップをいちばん数多く撮っていた時期に愛用していたのが、まさにこの組合せ。

Konica C35とRICOH GRである。

この頃が最も「量」を撮った。それこそ、もうどこへ行くにも鞄の中にはこの2台が入っていて、まずはKonica C35でフィルムをニ、三本撮り終えたら、その後はGRに持ち替えるというパターン。

とにかく2台とも軽量コンパクトで身も心も軽くなるから、足取りも軽快だし、カメラをサッと取り出すことにも迷いがない。

撮るということを意識させないほどの、カメラと僕の一体感といえばいいだろうか。

KONICA C35で撮ると、日常は意外と平凡じゃない。 KONICA C35で撮ると、日常は意外と平凡じゃない。 僕の平日のスナップ用カメラは二台、デジタルのRICOH GRとフィルムの...

この場合、どちらがメイン機かといえばいちおうフィルムコンパクトだったけど、かといってGRがサブ機という感覚もなくて、昼ならフィルムコンパクト、夜ならRICOH GRみたいに、シチュエーション違いで2台ともメイン機という感覚だった。

どうせ複数台を持ち出すなら、デジカメでサイズ違いやレンズ交換のバリエーションもいいけど、「フィルムとデジタル」のバリエーションのほうが、なんとも言えないハイブリッド感がある。

フィルムは以前よりは高価なものになったから、僕はフィルムコンパクトの中でもフルサイズのKonica C35で撮ることが多かったけど、いまならコストを考えると倍の量が撮れるハーフサイズカメラがおすすめかもしれない。

ハーフサイズカメラを持って街を駆けぬけよう。PEN EE-2のすすめ。 ハーフサイズカメラを持って街を駆けぬけよう。PEN EE-2のすすめ。 土曜日の朝、台風の前兆かもうパラパラと雨が降り始めてるんで...

ハーフサイズカメラは使ってみるとわかるけど、36枚撮りフィルム一本で72枚撮れるんで、これが撮り始めると「永遠に撮り終えない…」と思えるくらいの満足感がある。

OLYMPUS PENシリーズなんかはボディも安く手に入るんで、けっこうコスパも良いと思ってもらえるだろう。なによりカメラのルックスも惚れ惚れするほどカッコよく、眺めるだけでもお釣りがくる笑。

GRのほうも、最新のGRIIIや40mm画角のGRIIIxが人気だけど、歴代のGRはどれも優秀なんで、安く手に入れるなら僕のようにAPS-C初代GRやCCD時代のGR digitalでもなんら困ることはないだろう。

カメラを毎日持ち歩くなら、RICOH GRが大本命になる。 カメラにハマるほど、常に毎日カメラを持ち歩きたくなる。僕もそうだった。一眼レフのAPS-C機 Nikon D5300を購入してカ...

僕の場合は、当時は仕事鞄の中にも常に2台を入れて移動の最中にサクッとスナップしてたし、出張に行く時も、ロードバイクに乗る時も、ランニングする時も(この時はさすがにどちらか一台)、それこそ肌身離さずで撮ってた。

そういう軽快さというか、とにかく四六時中スナップすることを楽しみたいとか、そういう集中して撮る期間を設けたいという人には、とにかくベストでおすすめの組合せです。

ところで、その二台でどんなスナップが撮れるの?という人には、このブログの中にたくさん作例的な写真やレビュー的な記事があるので、暇つぶしがてらカテゴリー検索やブログ内検索してみてください。

そんな風に書いてたら、僕もまた、この組合せで写真生活してみたくなってきたな笑。

★今日のカメラ入荷情報をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。