digital PEN-F

ズミルックスもいいけど、ボディキャップレンズもいい。価格なんかに価値はなくて、あるのはただ個性。

Olympus PEN-F, BCL-0980

まあそもそも比較するようなものじゃないんだけとね、レンズは。異なるシチュエーションで撮り分けるために無数のレンズがあるわけなので。だから、どっちが価値が高い低いとかそんなものは無いし、意味もない。実際、使用してる僕はズミルックスは大好きだけど、ボディキャップレンズも同じかそれ以上に好き。ただのアマチュア写真愛好家だけど、少なくともユーザーの一人である僕がそう思ってるのだから、この世に一人でもそう思う人間がいるということでいえば、この話は100%ナンセンスというわけでもない。所有感ということでいえば、高価なものは手に入れた時の達成感みたいなよろこびは確かにあるけど、それはスタートであって、レンズの本当の舞台は撮る日々の中だからね。そこではレンズは人に見せるものではないし、できれば人から目立たないほうがいいくらい。好きなシチュエーションを、好きなものさしで、好きなレンズをチョイスして、好きなように撮る。その時、レンズに必要なのは個性であって、高価さではない。この話に特に結論はないけど、メモとして。以上。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です