写真とは

ジェットダイスケさんが唱える「 #Lofigrapher 」ってなんかいいぞ。

FUJIFILM 写ルンです

Twitterでも少し触れたけど、昨日見たジェットダイスケさんのYouTubeの「Lofigrapher」の話がとても良かったというか共感したので、ちょっと備忘録的にブログに書いておこうと。僕の解釈だと怪しいので、まずは下の動画を観てほしい。

ね、なんかいいでしょ。この「なんかいい」という緩さというか曖昧さこそがこのジェットダイスケさんの提唱する空気の良さなんじゃないかと思ってる。

僕も考えてみると子どもの頃は写真はまったく趣味じゃなかったけど、たしかに写ルンですではよく撮ってた気がする。大人になって、しかもいい歳になってフィルムカメラを始めたんだけど、こうして一瞬でトリコになったのは、やはり子どもの頃の写ルンですの原体験があったからかもしれない。

Lo-Fi Photographyのすすめ、いいよね。さすがジェットダイスケさんだ。いや、僕ね、いろんな写真関連のYouTube動画とか観るんだけど、やはり年齢的なこともあるのか、趣味嗜好の問題なのか、ジェットダイスケさんやまきりなさんの動画の語り口にすごく癒されるんだよね笑。毎度「そう!それよ!」みたいに心の中で呟きながら、大共感しながら観てるから笑。

写真とかカメラってさ、僕は気負いたくないというのがまず前提にあって、常にジーンズを選ぶみたいなラフさで接したいというのがあるんだよね。写真をちゃんとやってる人には怒られそうだけど、そういう緩さや曖昧さに僕は写真の魅力を感じる。写り過ぎない良さ、というやつかな。それにしてもこの動画を見てると、写ルンですのプラレンズを再利用したUtulensが俄然欲しくなるわけである笑。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。