digital PEN-F

意外とボケるのに驚いた。フォクトレンダー Color-Skopar 35/2.5 MC C-typeと試し撮り。

Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

意外とボケるのに驚いた。フォクトレンダー Color-Skopar 35/2.5 MC C-typeと試し撮り。

新しいレンズがやってきた。カメラは断捨離を始めようとしてるけど、レンズは別腹なので、そこは大目に見て欲しい(誰に?笑)。手に入れたのはコシナがBessa R用を意図して登場させたのかな、スクリューマウントのフォクトレンダー Color-Skopar 35mm f/2.5 MC C-typeだ。

Voigtlander Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

製品名のC-typeとはクラシックタイプの意味。見ての通り、その後に登場したP-typeやMマウント現行のColor-Skopar 30/2のモダンなデザインとは違って、いかにもクラシカルで往年のレンジファインダーにつけたくなる佇まい。実は僕はほぼ同デザインのSnapshot-Skoparを持ってるんだけど、それがいたくお気に入りで、カラスコならコレ!と心の中に決めていた。

Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

そうしたところ、いつものぞくお店にひっそりとこのカラスコ君が佇んでいたので、めでたく連れて帰ったわけである。早速、Fujifilm X-Pro1に装着してみたら、やっぱりなかなか精悍でカッコいい。いかにもスナップシューター的ルックスが僕好みであることは言うまでもない。Bessa R向けだとするとレンジファインダールックのX-Pro1にしっくりくるのはそりゃそうだろうなあなどと思いながら、しばらく見惚れてた。

Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Fujifilm X-Pro1, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

APS-CのX-pro1につけると換算で約50mmの標準焦点距離になる。マウントアダプターを介した大きさのバランスも、少し大ぶりなデザインのX-Pro1にはよく似合って、撮る気や持ち出す気をソソる。なんといってもストリートのほうが似合うだろうね。Snapshot-SkoparのほうはBessa Lに付けっ放しにしたいから、このカラスコはX-Pro1専用レンズということにしようと考えている。

Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

で、このレンズを手に入れたら、やはりこのスナップシューターにもつけてみなくてはならないだろう。僕のストリートスナップの相棒、Olympus PEN-Fである。見ての通り、こちらにも実に良く似合う。いやあ、もう親バカみたいで恐縮だけどホントよく似合ってるからしょうがない笑。

Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

マイクロフォーサーズのPEN-Fにつけると、換算で70mmの中望遠になる。このレンズはf値は開放2.5と決して明るくないんだけど、こうして見るとよくボケるなあと。中望遠というのもあるけど、X-Pro1につけた標準画角でも十分ボケてるから、これは僕にとっては意外というか、儲けもんみたいなうれしさがある。僕はボケが好きでカメラで写真撮ってるところあるから。

Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

写りはいつもの通り「もうご覧の通り」というほかない。僕のつたない言葉で表現するより、見てもらって感じてもらったほうが正確だからね。試し撮りだからけっこう開放付近で撮ってるけど、絞るとまたキリリとしていいんじゃないかな。なんといっても本来はストリートをスナップするレンジファインダー用のレンズだからね。

Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type
Olympus PEN-F, Color-Skopar 35/2.5 MC C-type

レンズはやっぱりおもしろいね。オールドレンズも風合いが楽しめるし、現行レンズはソリッドなシャープさが気持ちいい。そして、このカラスコみたいに新しくも古くもない、カメラ史の狭間にあるようなレンズもまた、微妙で言葉にならない味をたたき出してくれる。写真を撮るということに関していえば、レンズなんでボディにひとつあればいいわけだけど、そこはやっぱりいくつかの目線がいるんだよね。こうしてささやかな興奮と発見が得られるからね。そういえば、また「ライカMLレンズ ベストセレクション」なる本をKindleで購入してみた。目に毒?だけど笑、人生には毒も必要だからね。しょうがないよね笑。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です