FUJIFILM X-Pro1

X-Pro1の多重露出が楽しい件、散歩カメラ篇。

Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2

X-Pro1の多重露出が楽しい件、散歩カメラ篇。

取説を見ない僕は、新しいカメラを手に入れるととにかくカチャカチャといろんなボタンを押しまくって確かめていく(かなりゆっくりなペースではあるけど笑)のだけど、最近「多重露出」と「ブラケット撮影」なるものを発見し、だったらと、まずは「多重露出」を試し撮りに愛犬と散歩カメラへ出かけてみた。

Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2

どうかな、なかなか悪くないんじゃないかな。いや、僕もフィルムをやるんで、あのフィルムの多重露光と比べるとやっぱり写真というよりデジタル補正の画像感が出てはいるけど、想像していたよりはなかなか良く撮れていて、僕としては満足している。やはりFUJIFILMはフィルムのオマージュ的なことには手を抜かない:))

Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2

あとね、何が気持ちいいって、この多重露出で撮る時、1枚目の像がファインダー(もしくはモニター)にうっすら残り、そこに2枚目の像を重ねてシャッターを切るという懲りよう、これ他社でもそうなのかな。僕は驚いた。この像を重ねながら撮る感覚が実に楽しいんだよね。このあたりはやはりフィルムではできないデジタルならではの楽しみ方。

Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2

撮り方もとても簡単で、多重露出というモードにセットしたら、まず1枚目を普通に撮る。それで2枚目を重ねてよければOKボタンを押して多重露出完成。1枚目をそのまま残したい時もあるよね、その時は重ねずに一枚だけを普通に写真に残すこともできる。1枚目が失敗した時はデリートして撮り直しもOK。つまり、ふだん多重露出モードにしておいて、思い立った時にサッと多重露光露出で撮れるんだけど、普通に一枚写真も撮れる。あ、これはいいなと。多重露出スナップ向きだなあと。抜け目ないFUJIFILMだなと。

Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2
Fujifilm X-Pro1, Fujinon XF 35/2

ちょっと多重露出の写真ばかりで酔わせてしまったかもしれないけど笑、調子にのって結構枚数を撮ったんで、ひとまとめの記事にしてみた。さっき撮った写真がこうしてフィルムライクに多重露出ですぐ見られるのもデジタルの良さだよね。僕は家に持ち帰ってMacBookにつないで写真を確認してるから、まあこれも手早い現像感覚でもあるしね。あとは「ブラケット撮影」をしたみたい。三段階でフィルムシミュレーションでもできるし、露出補正でもできる。やっぱり試し撮りしてる時がいちばん楽しいね。だから、カメラが増えて困るわけだけど笑。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です