Nikon FE

僕の「カメラらしさ」の追求は、このNikon FEから始まった。

Nikon FE, Ai Nikkor 50/1.4

最近の僕はFUJIFILMのカメラたちにゾッコンなんだけど、考えてみるとそれはフィルムカメラを通過したことがきっかけで、そうやって考えるといちばん原点のルーツは、この人生最初のフィルムカメラNikon FEということになるんだよね。

いまでもはっきり覚えてるけど、カメラのキタムラの中古カメラコーナーにふらりと立ち寄ってショーケースの中にこのFEを見つけた時の衝撃(決して大袈裟ではなく、本当に「わ、なんだ、このカメラらしいルックス!」とハッとしたんだよね)、そして初めての試し撮りでフィルムを巻き上げシャッターを切った時の趣き、そして人生初めて現像を受け取った時の色鮮やかさに対する驚き、もうどれをとっても衝撃でしかなかった。

Nikon FEのその「カメラらしさ」に思わず魅せられて購入したから、このFEが機械式シャッター機じゃなくて電子シャッター機だということは後で分かるようになるんだけど、いま考えると電子式シャッター機でよかったなと。それまで使ってきたデジタル一眼レフと同じ要領で絞り優先モードで撮ることができたから、とっつきやすかったんだよね。日中に開放で撮りすぎてオーバー目の写真にはなっちゃったけど、「なんだ、フィルムカメラって想像したよりずっと普通に撮れるじゃん!」と思えたからね。

で、Nikon FEで週末にフィルムカメラを楽しむようになると、今度は平日用にコンパクトなフィルムカメラが欲しくなる。それで手に入れたのがKonica C35なんだよね。で、このC35でも撮りまくった。ピントを合わせる意外はほぼ露出合わせはオートで撮れたから、これもまたじぶん的には当たりの仕様のカメラだったんだよね。そうなると一気にフィルムカメラが身近な存在になり、気がついたらその後すぐにライカM3を手に入れてた笑。その後はもう何のカメラを手に入れたか覚えていないくらい、実にたくさんのフィルムカメラが僕の元へやってきた。このブログのご覧の通りである笑。

そんなNikon FEも、年々少しずつだけど値上がりしている気がする。ここ数年でジワジワとフィルムブームが起こってるからかな、今じゃ程度のいいモノを見つけるのもなかなか難しくなってきている気がするし、その希少性のせいかジリジリ中古価格もあがってる、そんな印象。実は僕のFEは3台目で、1台目はフィルムカメラを始めたいという人にプレゼントして、2台目のブラックボディは残念ながら故障で修理不可能に。そして、3台目の今のFEを再々購入したんだよね。

そういう意味では、代々のFEがずっと僕のフィルム人生を見守ってくれているような状態。そして、このFEを使うたびに、フィルムカメラを始めた頃の感動を思い出す。Leica M3を使っても、Nikon FやF2を使っても、Canon F-1を使っても、僕の中のフィルムカメラの原点はやはりFEだったりするんだよね。このカメラと出会っていなければ、Nikon Dfとの出会いも無かった気がするし、いまのクラシックなFUJIFILM Xシリーズとの出会いもきっと無かっただろうなと。

高価なカメラはもちろんそれはそれで素晴らしいんだけど、それ以上に心に突き刺さるのは、やはり「人生初めての思い出のカメラ」じゃないかと。んー、なんかFEのシャッターを無性に切りたくなってきたな。引っ張り出して空シャッター切ってみるか。いや、フィルムを実際に詰めて撮ってみるか。あの頃をまた思い出しながら。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です