Nikon FE

「いまの僕」の始まりは、RICOH GRとNikon FEだった。

RICOH GRとNikon FE

正確にいうと、本格的カメラとして始めて手にしたデジタル一眼レフのNikon D5300で、すべてはそこから始まったんだけど、「いまの僕」…すなわちフィルムライクなカメラでありスナップスタイルのカメラを好む人生に大きな影響を与えたということになると、RICOH GRとNikon FEから始まったといえるだろう。

先に手にしたのはRICOH GR。初代のAPS-Cセンサーのもの。このカメラはほんと素晴らしかった。GRIIIを購入した時に手放しちゃったんだけど、今でも少し後悔してる。程度のいいモノを中古で見つけたら、いまでも再び欲しいくらいだ。街撮りスナップというのを意識したのも、モノクロ写真が増えたのも、縦構図が撮れるようになったのも、すべてこのGRとの濃密な数年間のおかげだと思ってる。一時期はGRだけで撮ってた一年間があるほどだから。

RICOH GR

そうそう、その頃はデジタル一眼レフやレンズをすべて手放してGRだけで過ごしてたから、僕はもうこの先、写真はGRだけで撮って過ごすんだろうなと思ってたんだけど、はっきり覚えていないけど、ある日、ふとカメラのキタムラの中古カメラコーナーをのぞいたんだよね。なぜだろう、たぶんTwitterなんかでフィルム写真を撮ってる人たちの写真を眺めてたから、心のどこかでフィルムで撮るのもいいな、と思っていたのかもしれない。

で、その時、ふと目に飛び込んできたのが、ショーケースの中にひっそりと並んでいたNikon FEだったんだよね。当時のブログを読み返すと「Nikon FEが僕を見ていた」と書いてあるから、僕がFEを見つけたというより、FEが僕を見つけてくれた、そんな感覚だったかもしれない。

Nikon FE

フィルムカメラの知識なんてゼロだったから、FEがどんなタイプの機種だかもまったく分からない。ただ、ひたすら良いルックスだなと思った。たぶんFEの周囲にはNikon FやF2、Nikomatなんかもあった気がするけど、僕の目は完全にFEに集中してた。シルバーと黒の織りなす適度に角ばったボディが「いちばんカメラらしい」と感じたんだと思う。

そうそう、値段が安かったことも重要だった。レンズAi-S 50/1.8が付いてたしか1万円ちょっとだった気がする。その値段なら、例え買ってからフィルムカメラに馴染めなかったとしても許せるなと。ファインダーの中が少し汚れていた以外は動作もまあしっかりしていたし、お店で店員さんにフィルム装填の仕方を教えてもらいながら、その場で買った富士フイルムのいちばん安いカラーネガフィルム(業務用100の24枚撮り、一本200円だった)を詰めて家へ持ち帰ったんだよね。懐かしいな笑

Fujifilm 業務用100

で、その週末に恐る恐る散歩カメラへ持ち出したんだけど、いやほんと、フィルムカメラのシャッターフィールがとにかく気持ち良かった。カシャン!って、なんというかとても懐かしい響き。機械が動いていることにワクワクする少年の頃の感情みたいなのがドッと僕の脳味噌の中を満たした気がする。背面モニターも無いからちゃんと撮れているかどうかも分からないまま撮り続けるわけだけど、そのリズムもまた気持ちがよかったんだよね。

極め付けは、そう、現像出しというプロセス。撮影してから週明けにキタムラへ現像に出すまで撮れた写真が見られない…そのお預けのようなドキドキ感もたまらなかったな。なんとなく伝わるだろうか、この感覚笑。でね、現像からあがってきた写真を見た時に、僕の人生は「いま」に向けて怒涛のように動き出したのである。いわゆるトリコってやつです。

Nikon FE, Ai-S 50/1.8, Fujifilm 業務用100

なんか、ずいぶん長く書きすぎちゃったな。つまり、RICOH GRの軽量コンパクトなカメラでスナップする感覚と、Nikon FEのようなフィルムカメラで週末の辺りを撮る心地よさの感覚とが融合して、いまの僕があると思うんだ。人間を形成するのは、よく「育ってきた何か」っていうけど、まさに僕のカメラ人生においては、この二つのカメラが「育ってきた何か」で、いまのカメラ選びや撮影スタイルに大きな影響を与えているとじぶんでも自覚がある。

この話に何か結末があるわけじゃないんだけど、ちょっと振り返りたかったんだよね。いちばん最近でいうと、僕はデジカメのFUJIFILM X100Vを手に入れたんだけど、そこに至るのは必然だったんだろうなと、ふと思ってね。X100Vなんて、まさにRICOH GRとNikon FEが合体したようなカメラだなと。いや、X100シリーズを世に送り出した開発陣の人たちも、まさに僕のような経験をしてきた人たちかもしれないね。うん、そんな気がする。

X100V, NiSi UHD UV フィルター

写真を楽しむ分にはカメラは何だっていいわけだけど、こうして機材に対する思い入れとかエピソードというのは意外と大事でね。それによって心にスイッチが入ったり、ちょっと人生が変わったりする。それがカメラのおもしろいところなんだ。たかがカメラ、されどカメラ。そんなことを思う日曜日の夜なのである。さて、そろそろ外の雨はやんだだろうか。Runへ出かけるとするか。こらもまた僕の人生に欠かせないプロセスだから。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です