Nikon F2

どのカメラを残すか、どのカメラを断捨離するか

Nikon F2

ちょっと思うところがあって、所有するカメラたちをばっさり断捨離しようと考えている。過去にも二回ほど大きな断捨離をしてしっかりリバウンドしてしまってるわけだけど、さすがに三回目となると本当に残したいカメラに絞り込まれてきてるんで、今度は「人生に残したいカメラ」へ収束するんじゃないかと思っている。

そう、だから「これだけは残したい」というカメラと最小限の交換レンズを選んだら、残りのカメラやレンズはすべてカメラ屋さんのショーケースへ戻してあげようと思っている。どれも比較的程度のいいモノたちだから、僕が使いきれずに部屋に置いておくよりは、いいオーナーのもとへ嫁いで現役バリバリにもうひと時代活躍してくれれば本望だ。

残したいカメラたちは大体イメージができている。コレクションしたいわけじゃないから、本当に使うであろう約10台ほどまで絞り込みたい。そう、実用品としての10台であり、ガンガン使い倒したい10台。骨董品としてや記念品として所有しておくようなモノは一切考えていない。厳選したカメラたちだけを手元に残して、使いこなすこと、写真を撮ることに時間を費やしていきたい、そう考えている。

最終的にどのカメラを残すかは、もうしばらく時間をかけて、じっくり絞り込んでいきたい。これまでは新しいカメラを試すことにワクワクしてきたけど、これからはどのカメラを人生のカメラとして残すか、と思案することにワクワクしたい、そんなことを今、考えている。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です