NikonとNIKKOR

価格も魅力のVlogカメラ、Nikon Z 30。いまの人たちにはカメラはこうかもしれないね。

Nikon Z 30 : 写真はニコン公式HPより

こうして見ると、なかなかチャーミングじゃないだろうか、Nikon Z 30。一昨日に書いた僕の妄想とはちょっと違ったけど、いわゆるてっぺんのペンタ部は無くなって、ファインダー無しのバリアングル液晶でVlog推しカメラとして登場してきた。なるほど、そういうアプローチかと。

パブリッシャー各社からリリース記事などたくさん出てきてるけど、動画のほうが分かりやすいかもね。ひとまず、目についた「製品がつかみやすい動画」として、デジカメWatchさんの動画を載せておこうと思う。まずは、ご覧くだされ。

動画を見てみると、このNikon Z30は実物を触るとより良さげな感じがする。僕はスチルカメラ派なんで、Vlogにどこまで適しているのかはちょっと判断できないのだけど、バリアングルモニターとジンバルとで撮る動画クリエーターな皆さんには、おそらく過不足ない性能が備わっていて、それでいて「低価格帯の製品にも手を抜かないニコン」の信頼性がギュッと詰まった、という感じだろうか。

同じようなVlog機でいうとSONY機の印象が僕は強いけど、これからスチル撮影も含めてNikon Zマウントのレンズを揃えていって写真も動画も垣根なく楽しみたい、という人には待望の一台かもしれないね。

Z fcが登場した時もそうだったけど、女性クリエーターやインスタを普段から使いこなしているカメラ女子さんが前面に出てきてプロモーションしている感じは、個人的には新鮮なニコンの感じがして、いいと思う。

なにより、カメラが特別なものというより「ふだんの日常のもの」というアプローチがとても大切な気がしていて、普通に暮らしているとまいにちがそんなに劇的なシーンばかりじゃないけど、でもカメラがあることでじぶんらしい劇的をクリエイトすることができる。そんな創造する楽しみが、Nikon Z30にはある気がする。

カメラ単体だと10万円を切っていて、ダブルズームキットでも15万円ほどと、たしかに割安感もある。これからカメラを始めよう(スチル、ムービーに関係なく)という人には、手が届きやすい価格設定になっているのもいいよね。

昨年のニコンを振り返ると、夏にZ fcが出て秋にはZ9が発表になったことを考えると、今年は夏にZ30が出て秋には待望のZ8が登場なんてこともあるかもしれない。いや、もしかしたらクラシックラインのフルサイズミラーレスが出るかもしれないし、Z9の技術が活かされたZ6/Z7のMark IIIだってまだ控えている。ニコンファンの人にはしばらく目が離せない日々が続きそうですな。

Nikonが活気づくと、やっぱりカメラ界全体が元気に見えるのは僕だけだろうか。カメラメーカーすべてがおしなべてフルラインナップだったかつてとは違って、これからは各社がより特性を持ったラインナップで勝負しようとしているように見える時代。どこかが一人勝ちというより、各社がクロスし合ってカメラ界全体が盛り上がれば、それが理想的なようにも思う。

僕自身はいまのところNikon Z30を購入する予定はないけど、まずはとにかくお店で実機を触ってみたい。触るとヤバそうなカメラな気もして、そこが一抹の不安ではあるけど笑。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。