Nikon F6

Nikon F6をメイン機にしようと考えている。

Nikon F6

なんというか、いろんなカメラを使ってきてそういう思いに至ったじぶんがいるんだよね。AFでまるでデジイチのような利便性の塊のようなカメラで撮って楽しいのか?とか言われそうだけど、それはその通りで、カメラの不便さを楽しむ時は機械式カメラと戯れればいいと思ってる。つまり、F6をメイン機に選ぶということは、カメラの雰囲気を楽しむというより、写真を楽しむという僕なりの心のシフトなんだ。

僕はどちらかといえば、これまでは写真よりもカメラが好きな部類の人間だったと思う。だから、いろんなカメラを試してきたし、シャッターさえ切ることができれば、写真そのものにそれほどこだわりを持つこともなくある程度満足できていたと思う。まあ、そのカメラ好き、シャッター好きはあいかわらず変わりないんだけど、そういう時期を越えたかな?と思うじぶんもいて、そろそろ写真と向き合いたいなと考え始めたんだよね、たぶん。

もちろん、コンパクトに持ち出しやすいライカはあいかわらず街撮り用カメラとして出番も多いだろうし、Nikon FやF2をはじめとする機械式カメラたちの出番も、カメラ好きとしては癒しの時間としてこれからも欠かせない。けれど、趣味としての週末時間は、これからはカメラというより写真に向けていこうと考え始めてるんだ。その相棒としてはNikon F6こそが最良なんじゃないかってね。フィルム写真を撮るということに関しては、これ以上のカメラはないと思ってるんで。

実は僕が密かにリスペクトしている写真好きな方に亜貴さんという方がいて、Twitterで数年前からフォローさせてもらってるんだけど、その亜貴さんのトレードマークはCanonのフィルムフラッグシップ機EOS 1VとポジフィルムVelvia100。この組み合わせにこだわられて、九州中のいろんな光景を東へ西へ撮り歩かれている。それはもうほんと精力的で、亜貴さんの写真を追いかければ九州の名所のすべてを知ることができるんじゃないかと思えるほど。その1Vとの歩みがカッコいいなと思うじぶんがずっといたんだよね。

あんなカッコいい亜貴さんの真似はとてもじゃないけど僕にできそうにはないのだけど、でも僕もカメラはそろそろ固定して、写真というものとの戯れの方をもっと楽しんでみようと思うんだ。奇しくもNikon最後のフィルムフラッグシップ機F6の販売終了もまことしやかに囁かれ始めてる今、このF6と写真人生を駆けぬけてみようかなと小さな決意を胸に抱き始めたのである。いい歳をして、ちょっと決意とかしてみたくなったのである。おかしいよね、じぶんでもちょっと笑ってしまう(笑)。

でも、これがなかなか清々しい気持ちなのである。なんか、新しい人生の幕開けのような。まあ、仕事もクソ忙しいなかで、どこまで写真を撮ることに時間を割けるかは分からないけど、時に自転車に乗って、時に車に乗って、Nikon F6と少し遠出をしながら写真を撮ることにこれまで以上に向き合って行こうかなと。ブログの中ならひっそりと言ってもいいだろうと、そういうこと笑。そんなことを、きょう愛車を走らせてF6と撮り歩くなかでちょっと確信したんで、こうしてブログに留めておくことにした。できるかな、いや、目標とかではなくてもっと自然体で。プチ始動である。(いつか、もう一台F6を手に入れて二台体制にしたい。いつか。)

関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. KT38 より:

    いつも楽しみに拝見しています。
    気に入ったカメラは二台体制にしたくなりますよね。
    私はしばらくF5二台体制で頑張るつもりです。一台AF不調ですが、まだ修理頂けるみたいなので、この週末修理に出してきます!

    • kiokucamera より:

      すぐにはF6の2台目というわけにもいかないので、当面はMinolta α-7をサブ機にすることにしました。意外といい組み合わせではと自画自賛してます笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です