NikonとNIKKOR

Nikonさんには「フィルムニコン」という資産があるんだから、がんばってほしいな。

Nikon FTN, Nikkor-SC Auto 50/1.4

さっきTwitterでもリツイートしたんだけど、最近Nikonさんが「NICO STOP」というサイトというか活動をされていて、あらためて「あ、イイなあ」と。

僕も微力ながらこのブログやTwitterを通じて「フィルムカメラの良さや、フィルムライクなカメラのおろしろさを伝えたいな」というのがあるんだけど、それを天下のNikonさんがやればそれは力強いなと思ってね。

考えてみるとNikonブランドの強みは、なんといっても日本のカメラ界をリードしてきた「フィルムニコン」のイメージなんだよね。僕はフィルム時代当時はカメラをやっていなかったからアレなんだけど、数年前にフィルムのNikon FEを手にしてから、輪をかけてNikonのことが好きになった。

デジカメもかつてはNikon D750を使っていたんだけど、今ではフィルムニコンとレンズが共用できるNikon Dfが愛機。デジカメはDfと往年のCCD機のD200、フィルム機はNikon FE、FTN、F、F2フォトミックなど、すっかりNikon漬けになっているのである笑。

まあ、すっかりおじさんだから、若い人たちが捉えるフィルムニコンのイメージよりは昭和時代への郷愁なんかも混じっちゃってるかもしれないけど、それでもフィルムニコンを手にしたのはここ数年だから、フィルムニコンを手にすることがきっかけでフィルムファンになったりNikonファン(デジカメも!)になると人のポテンシャルはかなりあると思うんだ。

もちろん、Nikonという企業が潤うためには最新機種のデジカメたちが売れないといけない。けれど、カメラの機能のスペック競争がある意味飽和点にあってなかなか差別化がむずかしい今の世の中で、この「長きにわたって積み重なってきたブランドイメージ」を利用しない手はないよね。

それくらい、Nikonさんにはフィルムニコンとオールドニッコールという途轍もない資産があるわけだからね。

僕らみたいなおじさんから、こうして若い人たちまでが、なんというか一周回ってフィルムニコンというアイテムで世代を超えて同調する感じというのはイイなと思えるし、その媒介役にNikonさんがなっているというのもすごくいい。そんなアイテム、この世になかなか無いんじゃないかな。

これまではフィルムニコンファンたちが勝手活動的にフィルムニコンをPR?(ニコンユーザーは特にニコン製品推しが凄いからね笑)してきたわけだけど、これからはNICO STOPのようにNikonさんも積極的にフィルムニコンを推していけば、結果として必ずNikonのデジカメも売れるはず。僕は強くそう思うな☆

フィルムニコン時代のあのキラキラした、夢とか希望が詰まった製品のイメージを現代にも。そのカギは間違いなくフィルムニコンが握ってると思うな。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です