Konica IIIA

この明るく大きな「生きているファインダー」はヤバいだろ、小西六 Konica IIIA。

アフィリエイト広告を利用しています
Konica IIIA

いや、もうフィルム機は増やさないと心に決めていたんだけど、こんなヤバい奴と遭遇したら素通りするのはむずかしい。というわけで、僕のもとへ見惚れるほど美しい小西六Konica IIIAがやって来た。ほんと、写真の神様、ありがとう。

フィルムをやめたわけじゃないけど、以前と比べればフィルムで撮る量はグンと減っている。それでもわが家には数え切れないほどのフィルムカメラが鎮座してるんで、もうこれ以上フィルムカメラを増やしてもしょうがないと、馴染みのカメラ屋さんには以前から「もうフィルムカメラは買わないから」と伝えてあった。

なのに、ふと出してくるんだよなあ、「綺麗なの入りました」って笑。たしかに外観は素晴らしい光沢を放ち、いかにもお金がかかっているという艶めかしい輝きを放つそのクラシックなカメラ。

たしかにKonica IIIAは今までちゃんと触ったことはないなと思いながら、試しにファインダーを覗かせてもらったわけだけど…これがヤバかった。その大きく明るいまぶしいほど美しいファインダーときたら、ほんと冗談抜きにLeica M3のファインダーを初めてのぞいた時以来の衝撃だったから。

何がそんなに凄いのかというのを今の僕の知識ではちゃんと説明できないので、その凄さの一旦はぜひ以下のユーザーさんのブログ記事を読んでみてほしい。いやあ、素晴らしいKonica IIIAの記事、ありがとうです。

この記事を見ても分かる通り、とにかく作り込みが半端ない。こんな一級品カメラのことを今まで知らなかったことが恥ずかしい…。いや、本当に出会えてよかった。馴染みのカメラ屋さんと、こんな素晴らしい保存状態で送り出してくれた前所有者さんに感謝である。

フィルムはたしかに高価になった。けれど、こんな名機と呼ぶにふさわしいクラシックな宝石のようなフィルムカメラがまだまだ使えるわけだから、これは体験しておかない手はない。僕のデジカメライフの原点はなんといっても、こうした魅惑の機械式写真機たちの存在がペースになってるので。

Konica IIIA

試し撮りはまたにして、ひとまず今夜はこの超絶美しいファインダーとダブルストロークの巻き上げの感触を堪能しながら空シャッターナイトとする。

いや、ほんとにまだKonica IIIAを触ったことがない人は、絶対一度触ってみたほうがいいです。国産レンジファインダー機の最終モデルとも言える完成度の凄さに唸ると思う。

★今日のセール商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です