digital PEN-F

浮遊する夜の街は癒し。OLYMPUS PEN-F

OLYMPUS PEN-F, M.Zuiko digital 12/2

一日の終わりの疲れの癒し方は人それぞれだと思う。けれど、心と体の両方に効くという意味で、カメラを持って夜の街へ出るのは悪くない、というか、かなりおすすめである。街灯やネオン看板の光はあるものの、そのまぶしさは疲れた体にはやさしい。今の季節なら少し冷えた空気に街行く人も足早で、薄暗い街に溶け込んだブラックボディのカメラのことなど誰も気にしない。知った顔もいない夜の路上は、立ち振る舞いという意味でも緊張とは無縁だ。そんな街の片隅でシャッターを切る。背面モニターはOFFだから、いちいち撮ったその場で写真を確認することなく、次々とシャッターを切っては歩き、またシャッターを切る。まるで透明人間のように。あとからその時の思考のことを振り返るも、ほぼ何も覚えていない。無心で撮ってるんだろうね、その時は。夜の路上のスナップは実に心地いい。特に目的もなく、ゆるい思考に身をゆだねて流れていくように撮るのは最上の癒しであり、快楽だ。カメラ一台でこれだけ精神を解放できるのは、とてもありがたく幸福なこと。疲れたら、カメラを持って夜の街へ出よう。そこは、ポジティブな逃げ場が待っている。あらゆる緊張から逃れられる逃げ場。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です