Leica M-P typ240

ほぼ写真だけの記事だけど。静かでデジタルライカな週末。

Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd

ほぼ写真だけの記事だけど。静かでデジタルライカな週末。

僕は仕事場からかなり離れた場所に住んでいる。メリットは、ひたすら自然のそばにいられるということである。通勤時間を多少要しても、このメリットの代わりになるものが見つからないから、僕の人生には自然は必須なんだろうと思う。

Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd

そんな自然のある場所を愛犬と散歩する際のお供は、デジタルライカとズミルックスだ。もともとストリートを速写するためのスナップシューターとして手に入れたけど、その後、より軽量コンパクトなOlympus PEN-Fなんかを手に入れたこともあって、デジタルライカ M-P typ240はこうして週末に一枚一枚ゆっくり撮ることの出番のほうが多くなった。

Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd

マニュアルフォーカスで手ぶれ補正もないカメラだから、フィルムカメラのように一枚一枚をじっくり丁寧に撮るためのカメラといえばそうかもしれない。「クチュ」と独特の控えめなシャッター音も、実に週末的な音色で心地いい。

Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd

まあ、いつもの普通の散歩道だから、似たような写真が多いけど、撮っている僕にしてみれば「光と影のありようを、シャッターを切って実験的撮影をしている」みたいな感覚だから、ただただ楽しく心地いい。デジタルライカは、なんの変哲も無い散歩道を、心の中でニヤリとできる道へと変えてくれる。

Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd
Leica M-P typ240,Summilux 50/1.4 2nd

なぜか写真は縦構図ばかりになっちゃったな。まあでも、じぶんではけっこう「ミスター・ヴァーチカル」(ソール・ライターがじぶんのことをそう呼んで笑っていた)だと思ってるから、こうして縦構図ばかりになることも珍しいことではない。それと、モノクロに凝ってみようかと考えている真っ最中なのに、見事にカラーばかりというのも僕らしくていいかもしれない笑。カメラはやっぱりいいね。慌ただしい毎日を一瞬、止めてくれる。カメラに助けられることは意外と多いのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です