RICOH GR

RICOH GRで撮ると半分くらいはモノクロになる。理由は定かではない。

image

他のGRistのひとはどうなんだろうな。僕の場合はGRで撮りはじめると半分かそれ以上がモノクロの写真になる。GRには2つのモノクロモードがあって、ひとつはいわゆるスタンダードな白黒、もうひとつは白黒ハイコントラスト。GRを持ち始めた頃は珍しさもあって白黒ハイコントラストでけっこう撮ってたけど、今はほとんどスタンダードな白黒。この写真もそのスタンダードな白黒。

撮る写真の半分がモノクロになる話だけど、これはじぶんでも理由が明確には無くて、撮る写真の半分くらいがストリートのスナップだからかもしれないけど、それでもストリートでだってカラーで撮るものもけっこうあるし、自然を撮る時だってモノクロで撮ることは全然珍しくないから、これはもうその時の気分としか言いようがない。ただ、僕の写真はローキー気味だとはじぶんでも思っているから、その延長線上にモノクロがあるとは言えるかもしれない。

GRについて言うと、このカメラのモノクロはなにか他のカメラのモノクロとは少し違う気がする。硬質なようにも見えてどこか湿り気もあって、デジタルなんだけど人間味があるというか、ちょっと多重人格みたいなところがある。タテ位置で撮るようになって、そのあたりの感覚がさらに増したようにも感じる。僕の写真はほぼすべてレタッチなしの撮って出しなんだけど、現像が面倒というところもあるけど、このGRで撮ったものはそもそもいじろうとするつもりがないというか、そのまま肉体からあぶり出したまんまがいいという感覚が僕にはある。GRのキャッチフレーズ”Get Real”というのはほんとそのまんまだと思うし、そういう気にさせるカメラだなと。こういう言い方がいいかどうか分からないけど、GRの開発者たちはかなり変態だと思うよ。スペックなんかまったく見てない感じがするというか、完全にエモーショナルな感覚でカメラを仕上げちゃってる気がするから。そこにやられてるんだけどね、僕は。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です