RICOH GR

モノクロスナップとは、ほぼRICOH GRのこと。

RICOH GRIII, GR Lens 28mm

モノクロスナップとは、ほぼRICOH GRのこと。

僕のGRは最新のIIIだけど、もともとハードに使い込んでいたのは初代GRで、そういう意味では「街撮りスナップ」という概念も、「縦構図」で撮ることも、そして「モノクローム」を積極的にチョイスすることも、GRが教えてくれたと思っている。

これまでいろんなデジカメでモノクロームのスナップを撮ってきたけど、カメラたちを断捨離した結果、手元にこのGRIIIが残ったということは、僕の本能が求めた結果だと思う。

GRはファインダーがない。後付けすればあるけど、あのミニマルな存在を愛してることが大きいから、僕は後付けファインダーはつけない。

ファインダー、しかも光学ファインダーが好きな僕にしては、唯一のファインダーのないカメラ、GR。だからこそ、ふだんのカメラとの向き合い方とは異なる撮り方ができると思っている。

まあ、まずはファインダーはほぼ見ていない笑。いや、正確にいうと晴れた日中なんかは液晶モニターは辺りが明るすぎて見えないんだよね。

一方、夜は大丈夫かというと僕の老眼でモニターが見えづらいというもあるし笑、なにより街撮りスナップでそうそう大胆にカメラを構えている余裕もない。

もしもの時にファインダーがあるのは有益だけど、無けりゃ無くてもどうにかなるのがカメラという道具の不思議なところでもある。

あとね、僕が写真が下手だからかもしれないけど、きちんと構えて撮るより、ファインダーなんか見てなくて胸の前あたりで無造作にシャッターを押した写真のほうが、後からパソコンで見てみた時なんかに、あ、いいじゃん!とか思うこと多々あるしね。

デジタルでスナップする良さは、なんといっても大量にシャッターを切りまくれること。その時に、必要以上にファインダーをのぞくこともないRICOH GRは、最高のスナップシューターと化すのである。

昔GRで撮ってた頃はカラー(特にポジフィルム調)が半分はあったと思うけど、今のGRIIIではほとんどモノクロームだ。理由はじぶんでも定かじゃないけど、たぶん「何かたどり着いた」という感覚なんじゃないのかな。じぶんのスナップ観的にも、GRのいちばんおいしいところという意味でも。

そういえばこの前、知人から「街撮りスナップにおすすめのカメラは何ですか?」と聞かれたから、「ファインダーがあったほうが良ければFUJIFILM X100F、ファインダーがなくていいならRICOH GR」と答えているじぶんがいた。さて、みんなはどうだろう。

ノンエフェクトで撮ったほうがGRらしい。 僕のGRの撮り方が変わった。RICOH GRは個性的なエフェクト機能を使って撮ることができ、それが面白みでもあるんだけど、このエ...
関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です