業務用100というのは、つまり写真業の人が使うんだからプロ用なんじゃないかと。

Pocket

FUJI FILM業務用100, Nikon FE

どう考えても業務用100の写りは悪くないんだよね。僕が好んで使っているFUJI FILM業務用(記録用)100は、24枚撮りで一本¥200。たまに使うFUJI FILM PRO 400Hは36枚撮りで¥1,000超。枚数は違うものの値段は五分の一というお得ぶりだ。僕がわけもわからずフィルムカメラを始めてここまで撮り続けられてるのも、この業務用100のお得さのおかげでバンバン撮れたことが大きい。近ごろになってPRO 400HのよさとかリバーサルフィルムVelvia100の素晴らしさも解りかけたところだけど、それでも業務用100がないと困る。それくらい日々のフィルムライフに根付いている。

Nikon F6, 50/1.4D, FUJI業務用100

よくよく考えてみると、この業務用100というフィルム、これこそプロ用なんじゃないかと。だって写真業を営む人たちが日々の業務に使うフィルムってことだとしたら、それはプロの写真家の人たちが作品づくりに使用するアート系のフィルム以上に、写真業界の日常を支える基礎のようなフィルムなんじゃないかと思って。そう考えると、このフィルムは写りが悪いわけもなく、ただただ大量生産することでコストを抑えることができているフィルムなだけなんじゃないかと思って。だとしたら、むしろこのフィルムの写りこそ、写真の原点なんじゃないかと思えてきたんだ。

Nikon F6, 50/1.4D, FUJI業務用100

真相はもちろん定かではないけど、それくらい業務用100というフィルムの写りは悪くないということ。少なくとも¥200でこの写りが手に入るというのは、相当素晴らしいことなんじゃないかと。PRO 400Hなんかはしっとりとした柔らかさがあって、それはそれで特徴を持ったフィルムだけど、この業務用100は秀でた特徴よりもバランスのとれた基礎的写りの良さがある。フィルムカメラを始めようかと考えてる人はフィルム代とかコストを気にすルーペところだと思うけど、実はこんなお手軽価格のフィルムで写ルンです以上の写りが楽しめることを知ってもらえるといいなと。業務用100の一ファンとしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA