Rolleiflex Standard

ニコンとライカとローライフレックス。

Rolleiflex Standard

僕はまあ世間でいうところのおそらくカメラバカで、最近はもう数えることはやめたけど、数十台のカメラを所有して日々、写真を撮っている。いちおうじぶんでは満遍なく使いまわせている気がしていて、そういう意味では決してコレクションではなく、実用品としてのカメラ趣味を保てているんではないかと考えている。

特にこのメーカーのカメラだけしか使わない、といったポリシーも特に無い。いろんなメーカーのカメラ、いろんな種類のカメラたちをすべて愛して使っている。でも、そんななかでも特に愛してるカメラとなると、やはりニコンとライカとローライフレックスということになるのかな。他のカメラよりわずかに頭ひとつ飛び出しているのがこの三ブランドなんじゃないかな。

ニコンは、まあ初めて手にした本格的カメラがNikonのデジタル一眼レフだったから、もう刷り込み現象というのかな、Fマウントのカメラがデジタル/フィルムを問わずいちばん数多く持っているし、その使い心地も描写も、もうなんというか僕の中のスタンダードを形成してるところがあって、その愛着は現在のZマウント機とZマウントレンズにも繋がっている。きっと僕の中で「メイド・イン・ジャパン」のカメラを楽しむんだという誇りみたいなものをニコンに感じてるんじゃないかな。

ライカはね、フィルムを初めてかなり初期の段階にM3を手にして以来の付き合い。ライカもフィルムとデジタルの両方を楽しんでいる。これはマウントがフィルムとデジタルでも共通ということが大きい。つまり、フィルムライカで使っているレンズをそのままデジタルにも使いまわしているんで、あまりフィルムとデジタルの差みたいなものを意識せずに使いこなせているところがある。このコンセプトみたいなものは、僕がニコンとライカを共に愛しているうえで、実は最も根底にある好みのポイントかもしれない。

そして、ローライフレックスなんだけど、実は僕の中でいちばん「憧れ」みたいなものが強いカメラはこれかもしれない。ニコンよりも、ライカよりも、その存在がまぶしいカメラとでも言えばいいのかな。カメラを始めた頃から、その「ローライフレックス」という語感にどこか憧れがあった。でも、じぶんがまさか中判フィルムで撮るようになるとは想像もしていなかったから、本当に心の中の憧れであって、リアルな憧れではなかった気がする。

でも、ある日、馴染みのカメラ店で、このローライフレックス・スタンダードと出会うことになる。もうなんというかな、ずっと物陰から眺めるだけだった初恋の人が目の前に現れたようなもんだから、とにかく興奮して嬉しかったことを覚えている。そんなだからね、ニコンやライカほどは頻度高くも使っていないし、種類もたくさん持ってるわけじゃないんだけど、特別な存在であることは間違いない。

いずれね、愛用するカメラを3台たけにするとしたら、もしフィルムカメラだけだったら、僕はたぶんNikon F2アイレベルと、Leica M3と、Rolleiflex Standardの3台にすると思う。そこにデジタルもとなると、レンズが使いまわせることもあってニコンも複数台にしたいし、ライカもやっぱり複数台にしたいしと、ちょっと迷いが生じるんだけど、フィルムカメラだけならまあそれくらいシンプルにカメラを選べるくらいは、この三ブランドのカメラに僕は魅了されている。

その三通りの使い方の違いもちょうど良くてね。一眼レフとレンジファインダーと中判カメラ。この三台があれば決して退屈することなく、いろんなシチュエーションで、シーンで、カメラを持ち替えては嗜好の違いを楽しむことができるしね。カメラを持ち替えることで、まなざしも、気分も、そしてできあがる写真も違ってくるから、そういう顔つきの違うこの三台というチョイスに至るところもある。ほんと、フィルムが一本100円とかでまだまだ末長く使えるなら、明日からこの三台だけに絞っても困らない自信はあるんだけどね笑。

カメラは道具だから本来脇役で、主役である写真が良ければカメラなんて何だっていいというのはあるんだけど、そこはやっぱり撮るプロセスの楽しさも重要だし、何より心底愛しているカメラで撮れば、それはどこか写真にもその愛みたいなものが滲み出るんじゃないかなとも思ってる。そんなこといいつつも、ミノルタも好きだしオリンパスも好きだし、キヤノンだって最近はトリコなんだけどね。でもまあ、なかでも腐れ縁のような偏愛という意味でいえば、ニコンとライカとローライフレックスは、もはや比べようのない三又状態なのである。いいのかな、三又の愛。いいんじゃないかな、カメラにかぎっては。

【あす楽】 【中古】 《良品》 Rollei ローライフレックス スタンダード (テッサー 75mm F3.5) 【ピント繰り出し動作調整/各部点検済】

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です