HASSELBLAD

Kowa SIX コーワシックスは素晴らしかったよ。作例はまだ無い。

Kowa SIX, Kowa 85/2.8

その使用感を一言でいえば「ハッセル的」ということになるかな。とてもモダンな印象を受けた。たしかハッセルブラッド500C/Mなんかと同じ1970年代のカメラだったと思うけど、見た目の形状から受けるクラシックな印象よりは、手応えもプロダクトとしての質感も、まったく古さを感じさせず、それこそハッセル同様にとても小気味よくスマートに扱える。

Kowa SIX, Kowa 85/2.8

それもそのはず、ハッセルブラッド500C/Mと同様にレンズシャッターの一眼レフで、シャッター音も非常に500C/Mに似てる。ただし、見ての通り、形状は縦長で二眼レフのようなルックス。実際、フィルム装填の仕方は、フィルムマガジン形式のハッセル的ではなく、ローライフレックスなんかと同じ底から裏蓋を開き、二眼レフのようなフィルムの入れ方になるのがおもしろい。僕の中では「一眼レフと二眼レフのハイブリッド」みたいに感じた。

Kowa SIXに120フィルムを装填

あと、ウエストレベルファインダーの眺めは素晴らしいね。これもハッセル同様、ファインダーの中の余りの立体的な世界に、思わず息をのむ。ルーペで細かなピントを合わせつつ、ぜひルーペを格納してファインダーの中の全容を楽しんでほしい(あれ、おすすめのコメントになってる笑)。いや、実際、もし中古カメラ屋で見かけたら、おそらく驚くほど安価で売られていると思うので、もう迷わず買いだと思う。

デザインはドイツ人が行ったらしくモダンだ。

もし故障していたら、たぶん修理代のほうが高価だと思うんで、その場合はもういっそインテリアでもいいよね。僕はそういう覚悟で購入した。きょう試し撮りしてみたけど、ちゃんと撮れていなかったらそれはそれで悲しいけど、でも眺め、撫で、空シャッターを切ってみるだけでも、このコーワシックスというカメラは本能にビンビン気持ちよさを放ってくる。

Kowa SIX, Kowa 85/2.8

僕の場合は写真好きということ以上にカメラ好きだから、それはそれでアリなんだな。いい出会いに感謝。中古カメラ屋通いはやっぱりやめられそうにないな笑。現像に出してちゃんと写っていたら、このKowa SIXの続きはまた後日、作例的記事ということで。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です