本と音楽と余暇

無印良品の「地球の色」、好きだな。

image

街を歩いていてふと遭遇した気持ちのいいポスター。見てみると無印良品の広告で「地球の色」というコピーだった。うちに帰ってから無印良品のホームページで調べてみると、気持ちのいい写真と、こんなメッセージが紹介されていた。

“もし人間がいなかったら、地球はどうなっているのでしょうか。その見事な事例が、圧倒的な自然景観として広がっている場所があります。1万3千余の島々からなるインドネシア。その東方「ラジャ・アンパット諸島」は、コンドルのようなかたちをしたニューギニア島のくちばしの先、太平洋とインド洋が混じりあう海域で、海洋生物の多様性が世界一と言われている場所です。海中から群生キノコのように突起した島々も絶景ですが、島の周囲の浅い海に潜ると、思わず息を飲む珊瑚礁の光景が広がっています。写真は、海、陸、空をひとつながりの地球の情景として捉えたものです。まるで太古の時代、人類が生まれる前のような景色。根源的な環境は生命のせめぎあいから生み出されていることが直感できる場所です。無印良品はこの風景を写真にすることを試みました。お手本は常に自然界だからです。無印良品の色は必ずしもベージュやグレーではありません。天然素材を見つめ続け、せめぎあう生命がおりなす地球の色でありたいと考えています。”

いいな。無条件にいいなと思った。そして、写真もいいけどその思想がすごく気持ちいいと思った。僕の写真や思想はとてもそんなレベルにはないけれど、週末にD750を持って緑の中へ分け入っていくのはそんな色を探しに行っているところもある。そんな気づきでもあった。無印良品、こんど寄ってみようかな。もちろん何度も行ったことのあるお店だけど、少し違う気持ちで再会できそうな気がする。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です