RICOH GR

持っていることを意識しない性能、RICOH GR。

image

GRというカメラはなんというか不思議な立ち位置のカメラで、開発者たちのこだわりや潔さを考えたらスナップシューターとしての性能はかなりのもんだと思うけど、だからといって高価なものとか高性能みたいな佇まいは持ち合わせていなくて、もっとラフでいい意味で存在感のないプロダクト。正確に言うと存在感はあるんだけど、それをいたずらに主張しないというか、主張みたいなことが似合わないプロダクト。無造作に存在することがよく似合う。僕の中ではG-SHOCKなんかと近い立ち位置かな。それこそ何処に行くにも連れ出してガンガン使い倒しているからキズも多いし、適度にくたびれた外観になってるんだけど、そこがまた履き倒したジーンズのようで悪くない。こういうカメラの代替え品が思い浮かばないから、僕は次のカメラもたぶんGRを買い足すんだろうと思う。このラフに持ち出せるGRらしさに一度浸かるとちょっと一眼レフには戻れそうにない。いまのところ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です