digital PEN-F

写真撮りたい派というより、シャッター切りたい派だから。

Olympus PEN-F, M.Zuiko digital 12/2

誤解を恐れずにいえば、僕の場合はそうだ。僕は「写真を撮る」とか「記録を残す」という以上に「シャッターを切る」という行為が好きなんだ。それをじぶんでも自覚するのは、家の近所の散歩写真を懲りずに撮っていることもそう。愛犬との散歩の時の光景なんか、いつもの見慣れた風景だし、さして毎回撮るほどのものではない。けれど、いつも僕はなんらかのカメラを持って出かけてはシャッターを切る。

しいていえば毎回、写真の実験を楽しんでるようなところはある。カメラやレンズを替えるのはもちろん、ISO感度を変えたり、ホワイトバランスを変えたり、露出をいじったり、光と影をつかまえる角度を変えたり。それで、いつもとどんな風に異なる写真が撮れるんだろうとゲームのように探求してるところはある。けれど、それもこれも大元は「シャッターを切りたい」という欲求があるからで、その光景を写真に収めておきたいというものとは少し異なる。

かといって、別にカメラやレンズをコレクションしてるつもりもないので、カメラ好きかと言われればまあそうではあるけど、それを上回るのが「シャッターを切ることが好き」ということであって、カメラやレンズがある程度増えるのは、「それぞれのシャッターが切れる感触」を確かめたくて、実際に手にして日々実感してるような毎日なんだ。変かな、でも、これが割とリアリティのある僕とカメラの向き合い方。それでたまたまいい写真が撮れたら、それは追加のご褒美みたいなもので、そういう意味で撮れる写真を楽しんでるとこある。この話はもう少し書けそうだけど、続きはまた追い追いということで。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です