写真とは

写真とはいろいろ滲み出るよね、その時のじぶんのいろいろが。

RICOH GR

それは撮影情報といういろいろではなくて、じぶんのその時おかれた説明のしようもない心情というか気分というか、そういう意味のいろいろ。どこで何を撮るかというのは準備とか結果としては存在するわけだけど、その間にあるプロセスがおもしろいんだよね、写真なりカメラはね。僕にとってはそう。ここ数時間、みんなの写真やじぶんの撮りためた写真たちを眺めてるんだけど、僕は”この人(僕)はこの写真を撮るときどんな心境だったのかな”と思える写真にどうやら惹かれてる。上手いとかなんとかはあるんだけど、そういうことより撮り手の心情が気になる写真。それも、何か思惑が透けてみえるものより、もうなんというか撮り手のその時のつかみどころのない心の揺れや不確かなシャッターの揺らぎみたいなものが僕には刺さる。今夜もいくつか発見があった。不確かな、だけどね。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です