日記のようなもの

僕が再び一眼レフを持つなら、NikonのAPS-C機を検討するかな。

Ricoh GR

実際に検討してるんじゃなくて、検討するならということなんだけどね。Nikonというのは僕が初めて手にした一眼レフだから思い入れがあるということ、APS-C機がいいと思うのは主に一眼レフに”望遠”を期待するから。

カメラをRICOH GRだけにして分かりやすく困るというか難しくなるのは、望遠撮影。例えば息子のサッカーの試合や、遠くの自然(木々や鳥)を遠くから捉えることができなくなる。とはいえ特にRICOH GRだけで困っているわけでもなく、唯一カメラをプラスできたらなと思うのが”望遠撮影”なのである。

僕くらいの腕前なら(それほど上手じゃないカメラ好き)、望遠主体なら1.5倍で使えるAPS-C機のほうが使い勝手が高い。僕は過去にAPS-CのNikon D5300とフルサイズのD750を使ってきたけど、APS-C機もなかなかどうして全く不満なく使えた記憶が強くてネガティヴな印象がまったくない。むしろNikonの入門機はこんなに本格感があるのか(ボディデザインも含めて)と惚れ惚れ思った。その感動がより上位機種のフルサイズへと繋がっていったわけだけどら所有感や濃密な写りはたしかに魅力だけど、ボディはAPS-Cのほうがむしろ機動力があっていいなと思ったくらいだ。

APS-C機のフラッグシップモデルD500はもちろんいいけど、望遠をアクティブに楽しむならいっそD5300(D5500より僕は好き)か、新しいD3400でも十二分に楽しめるんじゃないかと思っている。とはいっても購入する予定は特にないけど、でもあまカメラを眺めたり調べたりするのもまた楽しいもんです。たまにNikon機のこと書こうかな。(あ、写真はGRで撮ったもので本文とは関係ないけど、僕の中の雰囲気として。)

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です