Fujifilm S2Pro

まるでフィルム機だった。FUJIFILM S2ProとFマウントレンズで楽しむ最高の世界。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

先週たまたま立ち寄った馴染みの中古カメラ店で思わず釘付けになったのが、このオールドデジカメFUJIFILM FinePix S2Proだ。登場は2002年だから、もう18年前の製品。あまりカメラに詳しくない人からすると、なぜそんな時代遅れも甚だしい古いデジカメを手に入れる必要があるのか?と言われそうだけど、これが僕にとってはとんでもなく惹かれる名機なのだ。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

その理由は、このS2ProがCCDセンサー機であることと、たった617万画素しかない低画素機であること、そして何よりフィルム機であるNikon F80をベースに富士フイルムがデジカメ製品化した、Fマウントレンズが使えるFUJIFILM機であること。NikonとFUJIFILMの合作ともいえる貴重なカメラなんだ。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

現行の製品には性能とコストのバランスに優れたCMOSセンサーが積まれているけど、その昔はどこのメーカーのカメラにもCCDセンサーが積まれていた。そして、このCCDセンサー時代というのは、世の中がフィルムカメラからデジカメへと移行したばかりの時期で、フィルム写真の写りの味わいが色濃く残っているのがCCDセンサーとも言われる。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

ふだんからフィルムカメラとフィルムカメラライクなデジカメを愛する僕にしてみれば、もうたまらない製品。フィルムメーカーの富士フイルムとフィルムカメラの代表格であるニコンが手を組んで打ち出した世界なわけだから、もう神のような世界の製品だったりするわけである。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

そんな神がかり的なボディS2Proに、ニコンのFマウントレンズ Ai AF Nikkor 50/1.4Dをつけて試し撮りに行ってみた写真がこのブログの写真たちなわけだけど、どうだろう。僕にはなんとも言えないフィルムの味わいが濃厚に感じられる写りに見えるし、何よりその操作フィールがまさにNikon F80そのものだったから、とにかく撮ってる時はフィルムカメラで撮ってる感覚そのままが味わえる。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

CCDセンサー機としては、僕はNikon D200とD3000を所有してるけど、富士フイルムのCCD機は「スーパーCCDハニカム」と呼ばれて当時評判だったもので(ごめん、ここは詳しくないんだけど)、その辺りは低画素と相まってか、同じAPS-C機でもやはりちょっとニコンの天然色CCDとは違う気がする。もちろん「かなり良い」という意味で。正直、期待以上の写りでかなり僕は高揚感に包まれている。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

まあカメラを本気でやる人からすると、AF性能の甘さもあるし、記憶メディアも今時2GBまでのCFカードしか使えないとか、古さは否めない製品かもしれないけど、僕からするとその緩さがすべていい。使用感も低画素の曖昧さみたいなものも、すべてがフィルムライクでど真ん中の好みだ。こんなカメラが、見つけさえすればとんでもなく低価格で手に入る。

FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D
FUJIFILM FinePix S2Pro, Ai AF Nikkor 50/1.4D

これはもうね、見つけたら即買いです笑。だって飲み会を一、二回我慢すれば買えるような価格だから、大人はそこに躊躇はいらない。最高の遊び道具として楽しみ尽くせばすぐ元は取れるから。あ、そうそう、電池はたくさん使う。単三電池4本とCR-123Aを2本積む。それでも重くないところが凄いんだけど、まるで縦グリ付けてるようなフォルムだからグリップの握りやすさで重さはまったく感じない。もうね、いいことだらけ笑。ひとまず試し撮りを終えたから、あとは来年にかけて緩いフィルムライクな時間を堪能しまくろうと思う。いやあ、多幸感が凄い。

関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. 凸けん より:

    これは最高ですね!

    デジタルなのにほぼフィルムな雰囲気ですね!

    高揚する気持ちが分かります^ ^

    • kiokucamera より:

      いいでしょー、僕も驚きました!これだからCCDオールドデジカメはやめられないです!

  2. RERA より:

    S2 Pro、S3 Proと持っていました。S2 Proはレンズ、メモリーカード併せて40万円もしたのをボーナス一括で買いました。

    個人的にはS3 Proの方が好みです。こちらはハイライト専用のCCDが付いていて、デジタルではベタ塗りになりやすい白飛びを極限まで抑えられる優れものでした。
    さらにフィルムシミュレーションモードが付いていて、プロ向けネガフィルムモードとフジクロームモードが付いていました。

    現行のXシリーズも、フィルムシミュレーションモードが付いていて、今はプロビア、ベルビア、アスティアといった同社ブランドのフィルムモードがしっかり入っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です