写真とは

その写真を撮っている人の姿が思い浮かぶ時に、その写真がより愛おしくなる。

image

Twitterでできるだけ多くの人をフォローすることを再開して気がついたことがある。たくさんタイムラインに流れてくる写真にはリツイートされて流れてくるものも含めて、瞬間的に「あ、いいな」と感じるものは反射的にいいねをしてみてるのだけど、時に手が止まる瞬間がある。じぶんでもどうしてだろうと考えてみたのだけど、どうやら写真がいいのはもちろんなんだけど、その写真を撮っている人のシチュエーションみたいなものが想像できた時に、僕はニヤリと嬉しくなり少しいいねを押すまでに時間を要してるみたいなんだ。都会の路地裏のスナップもあれば、静寂な朝日や夕日の一枚もある。花の接写もあれば、切れ味のあるポートレートもあったり。その時に直感的にカメラマンの姿とか心境とか辺りの空気が伝わってくる写真があるんだよね。綺麗な写真がすべてそうかというと、そういうことでもない。写真だけのいいねで終わるものもあれば、写真を撮ってる人の姿がいいねと言いたくなるものがあるということ。みんなはどうなのかな。僕にはそういう目で写真を眺めているところがどうやらあるみたいだ。どこまでいっても写真の世界は深い。日々、興味や発見は尽きない。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です