Rollei35

おかえり、Rollei35。

Rollei35 Singapore

懐かしい手触りとシャッターフィールだった。僕の手元に、Rollei35が帰ってきたのである。そう、以前所有していたRollei35もこのシリーズの初号機であるTessar 40/3.5を積むタイプでシンガポール製、今回もまさに同タイプなのである。

ただし、以前と違うのは色がブラックからシルバーになったこと。僕は、カメラは好んでブラックボディを選ぶことが多くて最初のRollei35もブラックボディを選んだんだけど、なんだろうな、今回買い戻すにあたってはシルバーボディに惹かれるところがあったんだよね。

いや、実は数日前にもツイートしたんだけど、以前手放したブラックのRollei35がまだ売れずにお店のショーケースにあるのをチラチラと見かけていて、誰も手にとらないのならボクが買い戻そうかとか訳の分からないことを考え、気にかけてたんだよね、ブラックボディのRollei35を。

以前所有していたブラックボディ

でも、そんな気分の時に、違うお店のショーケースでこのシルバーボディと出会うことになる。そうすると、Rollei35を再び手にしたい気持ちは変わらないものの、ボディ色は変えたくなったのである、直感的にね。このシルバーボディがまたなかなか美品で綺麗で、ショーケースの中で光を反射させて、なんかスポットライトがあたった女優?のように艶かしかったんだよね。

しかも、純正ソフトケースやストラップ、レンズキャップもすべて揃っていて、これまでのオーナーが大切に扱ってきたことも分かる。値段も僕が買い戻そうとしていた以前のブラックボディより1万円以上安い。心はもはやシルバーボディに傾いていたけど、一点だけ気になる事があった。それはレンズフィルターは付いていないこと。

これはけっこう大事で、Rollei35のコンパクトさを生かそうとすると、フードは付けずにレンズを沈胴させればペッタンコになるほうが僕は好み。そうすると、フードが無い分、レンズ部をガードするフィルターは必須なのだ。けれど、このフィルターが意外と入手しようとすると手間がかかる。僕も実際、以前のブラックボディの際にはオークションでやっと見つけたのである。

再びフィルターを探すのも手間だし、だったらそのフィルターも付いたまま店頭に残っている以前のブラックボディを買い戻したほうがいいのかなとしばらく考えていたんだけど、そこで妙案が浮かんで。そうだ、ボディはこのお店でシルバーボディを入手して、レンズフィルターは僕の以前のブラックボディが残るお店で譲ってもらおうと(返してもらおうと)笑。

フィルター装着時の以前のブラックボディ

そんな身勝手なことが叶うのかと思ったけど、その通り、無事以前所有していたレンズフィルターも手元に帰ってきたのである。やっぱり持つべきものは馴染みの中古カメラ店と馴染みの店員さんである笑。図々しくもフィルターを返して欲しい理由を話してみると、実に快くフィルターだけボディから外して返してくれたのである。ニッコリ微笑みながら「全然OKですよ!どうぞどうぞ」と手渡してくれた店員さんは天使に見えたぞ笑。

というわけで、僕の手元にシルバーになった二代目Rollei35と僕のフィルターが帰ってきたのである。それにしても、Rollei35 のシルバーボディはなかなかいいね、機械って感じがして、軽量コンパクトなんだけどなかなか本格的なカメラっぽさがより際立つところがある。僕の所有カメラでシルバーボディといえばLeica M3だけど、同じような佇まいでグッとくる。

露出計もしっかり動いてるようだし、まずは試し撮りだな。Rollei35はほんと優秀で、目測専用で露出もマニュアルで合わせて撮る決して手軽なカメラではないんだけど(慣れると実に手軽なカメラなんだけどね)、その分、実に本格的カメラの写りをする。夜スナップもシャッタースピードを落として息を殺して撮れば、しっかり夜スナップも楽しめるのである。この二代目もしっかり写るといいな。おかえり、Rollei35。

和製テッサーKonica C35を経て、本家テッサーRollei35へ。 先週手に入れたRollei35の試し撮りが現像からあがってきた。まずはしっかり撮れていてホッとしている。やっぱりね、初めて手にす...
Rollei35のエンジンがあったまってきた。 Rollei35のエンジンがあったまってきた。 Twitterにも書いたんだけど、フィルムカメラというのは使い込むことで内部の機械...
関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です