感度100なら露出計なしでも撮れるようになってきた。

Pocket

まあ、上手い写真が撮れているかどうかは別の話なんだけどね。でも、機械式シャッターのカメラ、Leica M3とNikon F2を持つようになってからは露出を意識しないと当然写真は撮れないので、しばらくの間はスマホの露出計アプリとにらめっこしながら週末の撮影を続けてきた。そうすると、なんとなく絞りとシャッタースピードが体に記憶されてきて、近ごろは露出計アプリを出さずにサクサク撮り始めてるじぶんがいた。僕の場合だとフィルムはいつもほぼ業務用100だから、感度100なら晴天時や曇り、日陰、屋内とかで必要な絞りとシャッタースピードがだいだい体に染み付いてきたということかな。僕が他に使うとしたら感度400のフィルムだろうけど、これだと2段絞ればいいという感覚なのかな。今度試してみよう。

何事も継続だなあと近ごろほんとよく思う。ロードバイクも、水泳も、ランも。最初はなんでも初心者でなにかと小っ恥ずかしいわけだけど、続けていれば当初難しいかったことがいつの間にか楽にできているじぶんに気づく。それにふと気がついた時の喜びというか感動はちょっといいよね。M3やF2を手に入れた当初は、そのプロダクトを手に入れたこと自体を楽しんでいたところがあるけど、こうして露出と仲良しになることで今は純粋に機械式カメラで写真を撮る楽しみに本質的に移行しつつあるのかな。

あ、紫陽花の写真は先日のポストで打ち止めにしようと思ってたんだけど、現像あがってきたらまだまだ何枚も撮っちゃってるので、もう少し僕の紫陽花の夏は続くかな笑。この時差もまた、フィルムの楽しみなので。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA