FUJIFILM X-M1

気に入ってたカラースコパー・クラシックタイプは、X-M1に装置することにした。

FUJIFILM X-M1, Color-Skopar 35/2.5 C-type

僕の中でずっと懸案事項であった「X-M1になんのレンズをつけるか問題」は、ようやくいったんの解決をみた笑。ずっと気に入ってX-E3やX-E4、PEN-Fなんかで使ってきたColor-Skopar 35/2.5 C-typeをX-M1用にしようと思い至ったのである。

FUJIFILM X-M1, Color-Skopar 35/2.5 C-type

X-M1はファインダーの無いX-Eシリーズみたいなもので最も小さなXシリーズと言っていいと思うけど、ずいぶん昔のカメラになるんでAF性能がさすがに少しもっさりしてる。だから、MFレンズをつけようと思い、最初はマウントアダプター無しでコンパクトに装着できる中華レンズを検討していたんだけど、どうせならお気に入りのカラスコをつけようと思い立ち、逆にX-E4には同じくフォクトレンダーのULTRON 35/1.7 aspherical Lマウントを手に入れたんだよね。いろいろ試行錯誤したけど、いい落とし所になったんじゃないかと思う。(そうそう、X-M1のことについては写真家の保井さんの記事を以下に載せておこう。)

FUJIFILM X-M1, Color-Skopar 35/2.5 C-type

実際に装置した感じは、フォクトレンダーのレンズがかなり重厚に作られていることもあってちょっと重くはなっちゃうんだけど、見た目は僕的には惚れ惚れする佇まいでイメージ通りかなと。ファインダーレスなんでRICOH GR的にストリートで使おうとハンドストラップに付け替えたんだけど、片手だとちょっとフロントヘビーで重いかな笑。でも、カメラは見た目なんで。しばらくはこの組合せで試し撮りしてみたいと思う。まあ、レンズ部がそれなりに出っ張る分、ポケットには入らないけどね笑。

あいかわらず僕の中ではFUJIFILMが強くて。X-M1という古き新顔。 昨年末にX100Vに出会ったことで、僕の中であらためて再燃したFUJIFILM Xシリーズのカメラたちなんだけど、使っているとX...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。