RICOH GR

RICOH GRの28mmが楽しく思えてきた。

image

この前とある方からGRの28mmは広すぎて難しくないですか?と問われて以来、ちょっと28mmであることを意識して過ごしてたんだけど、やっぱりね、この余計なものが写り込む感じが僕は好きだなと。被写体を見つけてから俊敏に起動するGRを構えて撮る。すると僕の視界というか想定したフレーム以外のところまでやっぱり写り込む。でも、それが僕の主張みたいなものを包み込んでスナップらしくしてくれる感覚がある。そうして、撮れた写真を後から見て、辺りの空気を再確認するみたいなプロセス。これがけっこう気持ちいいなと。RICOH GRはスナップシューターに必要な気持ちよさを知り尽くしてるカメラだなとつくづく感じる。なんか、もっと広い絵が写り込むところへ行きたくなったな。僕の視界プラスの世界。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です