Contax Planar

Nikon Z6とPlanar 50/1.4が出会い、僕も景色も溶けた。

Nikon Z6, Planar 50/1.4

Nikon Z6とPlanar 50/1.4が出会い、僕も景色も溶けた。

そう言うとちょっと大げさではあるけれど、感覚的には「溶けた」がいちばんしっくりくると思う。数日前にContax RXと一緒に手に入れたヤシコンPlanar 50/1.4を、フルサイズミラーレスNikon Z6に装着して初めての試し撮り散歩へ出かけた感想である。

Contax RXのほうは朝一番にストラップAN-4Bをニコン巻きして、在庫フィルムFUJIFILM C200を詰めて試し撮りしてきたんだけど、週明けに現像に出してみるまでその写りは確認しようがないんで、デジタルでPlanar 50/1.4だけでも写りを確認しようと思い、Nikon Z6につけて連れ出したのである。

Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4

アダプターはお安いK&Fのものを一緒に手に入れていた。Z6に装着すると、Planarの先端までは少々長くなるけど、大ぶりなフードのおかげかバランスは悪くなく、これがなかなかよく似合う。この組み合わせは正解だったなと心の中でニヤニヤする。

Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4

写りの質感のほうは、カメラ好きにはおなじみのレンズなんで、僕が何かを語るまでもない。何枚か作例的写真を置いておくので、見てもらって、必要に応じて感じてもらえたらなと思う。

Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4

使ってみた感想としては、たしかに光の差し込み方とフレアの出方が独特かもしれない。ミラーレスだからファインダーをのぞくと実際に撮れる絵が見られるわけだけど、そこに映し出される世界自体がすでに光にあふれ、キラキラして見える。単純に見ていてとてもポジティブな気持ちになる。

Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4
Nikon Z6, Planar 50/1.4

きょうはあいにくの曇り空だったけど、朝陽の光がもっとふんだんにある日なら、それこそ光まぶしい光景が収められるんじゃないかと思う。あと、人を撮るといいんだろうね、やっぱり。とろける背景の中に人間が光を集めるかのように浮き立つんだろうな、というイメージがわく。

Nikon Z6はオールドレンズ母艦として手に入れたわけではなく、Nikonが描く新しい世界をのぞいてみたかったから常用レンズは新設計ZマウントのZ 50/1.8Sなんだけど、このPlanarに関しては想像していた以上にいい印象なんで、たまにこうしてZ6と持ち出してみたいなと素直に思った。

なぜか不思議とこれまでは縁の無かったヤシコンプラナーだけど、ようやく出会えたというか、これもフルサイズミラーレスZ6を手に入れたことが大きいと思う。僕は一眼レフ機のNikon Dfも所有してるけど、そちらはフランジバック的にもオールドニッコール専用機たから、Fマウント以外のオールドレンズはZ6が良き遊び相手になってくれるであろう。

さあ、アートの秋、撮る秋が本格的にやってくる。ボディを変えて、レンズを変えて、いろんな秋色を楽しんでみようじゃないかと、じぶん。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です