Nikon Df

Nikonにしか醸し出せない雰囲気が、やっぱりある。

Nikon Df & Nikon Z fc

僕はクラシックなスタイルのカメラが好きである。なので、コンデジならフィルムGR1から継承されたGR digitalが好きだし、いかにもレトロなFUJIFILM X100シリーズが大好きだ。フィルム交換式カメラなら、OLYMPUS PEN-Fがいいし、FUJIFILM X-ProシリーズやX-Eシリーズはまさに大好物だ。でも、ザ・クラシックということで言うなら、やはり往年のNikonを忘れてはならない。Nikonとはやはり、そういうブランドなのである。

ここに並べたNikonの2台のデジタル機。左はデジタル一眼レフのNikon Df、右は登場したてのミラーレスNikon Z fc。こうして並べてみると、やはり絵になるし、いかにもNikonなのである。同じクラシックでも、やはりそこに強い印象を覚えるのは、いかにもNikonにしか描けない歴史に裏打ちされた何かなのだろう。

Nikonといえば、常に時代をリードしてきたカメラブランドだから、別に古めかしいメーカーではない。一眼レフ時代に目を向ければ、僕が所有するNikon D200やD750のルックスももちろんグッとくるものがあるし、単にルックスだけのカメラではなくて、性能のすばらしさがそこにはファクトとして存在する。中身があるからこそ、Nikonのカメラたちは常にいつの時代もカッコよく見えたというところが大きい。

けれど、そのルーツはやはり、クラシックな最もNikonが輝き、別格であった時代の面影が思い浮かぶ。Nikonにしかできない独自の世界観。それが、Nikon Dfの麗しさであり、Nikon Z fcが醸し出す雰囲気なんだとあらためて感じる。

写真というのは、思い出を記憶することであり、そこにはノスタルジックさが常に同居する。その意味では、その道具であるカメラやレンズにもやはりノスタルジックさがよく似合う。雰囲気だけでカメラを語るつもりはないけど、DfやZ fcを操ることで得られる唯一無二の何かも確実にある。NikonはZ fcの登場で、その他所が逆立ちしても真似しようのないオリジナリティをNikonはいま見出しつつある。がんばれ、Nikon。時代はもしかしたらNikonに追い風になりつつあるかもしれない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です