Nikomat FTN

Nikomat FTN ブラックに、シルバーの後付けアクセサリーシューのかっこよさよ。

Nikomat FTN

いやあ、実にシビれる。レンズは別だけど、このNikomat FTNのボディ、なんと税別¥3,700でショーケースの片隅に並んでいたのである。そりゃ買うでしょ。仮にちゃんと写らなくっても、この精悍な機械を部屋に置いて眺めるだけ男は満足できる生き物なのである。

僕は機械式カメラが好きなんで、Nikomat FTNもお約束のように一台所有している。ある意味ニコマートらしいシルバーボディのFTNをね。けれど、現像を受け取りにカメラ屋へ立ち寄った僕の目の前に現れたのは、同じFTNでも初代ブラックボディだったんだ。

Nikomat FTN

シルバーのFTNがいかにもカメラらしい金属の艶かしさを全身で放ってるとしたら、このブラックボディはいかにもワイルドで、ペンタ部の頂点からファインダーの丸窓にかけてだけ後付けアクセサリーシューとフィルム送りレバーが、まるで粋なアクセントのように鈍いシルバーの輝きを放つ。いやあ、同じFTNでも、シルバーボディとは別物の高揚を感じさせてくれるんだ。

Nikomat FTN

お店に長居してる時間もなかったから、ものの五分間くらいさらっとしか個体のチェックはしなかった。まあ馴染みの信頼できるお店でBランクのタグをつけてたから実用はできるレベルだろうと思ったのと、何よりその破格の値段が、前述の通り「仮に写らなくってもノープロブレム」と思わせる雰囲気をプンプン放っていたのである。

現像でお店に立ち寄るたびにカメラを買い足していたらキリが無いが笑、このFTNブラックは間違いなく買いだ。帰宅してからストックしてあったストラップNikon AN-4Bをニコン巻きして、レンズは手持ちのAiレンズを装着してみた。実用ルックにすると、さらに鈍くまぶしい輝きで僕の脳を刺激する。

Nikomat FTN

コパルスクエアのシャッターフィールがさらに撮る気をソソる。こんな刺激的なモプロダクトが三千円台で売られていていいのか。現代は幸福すぎるだろうと僕はあらためて思うわけである。フィルムの写りはたまらない。けれど、それを写す道具であるフィルムカメラもまた最高にセクシーなのである。やらない手はないのである、このフィルムカメラという魅惑の世界を。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です