Leica IIIa

ライカの入門機でもありゴールでもある、バルナック&エルマーという幸福。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

本来でいえば、バルナック型ライカは35mmフィルムカメラのルーツであり、その意味ではライカの王様と言ってもいいと思うんだけど、幸運なことに現代では割と手に入れやすい値段で売られている。ボディで五万円程度、レンズが同じく五万円程度で、合計10万円もあれば程度の良いバルナック型ライカと定番レンズのエルマーが手に入るんじゃないだろうか。

最近のデジカメの人気ビギナー機なんかが十万円前後であることを考えると、その値段でバルナックライカを手にできることは、かなり画期的なことだと言える。Twitterにも書いたけど、いま入手困難と言われるFUJIFILM X-E4やNikon Zfc待ちで悩んでるならば、いっそバルナックライカを手に入れてみるというのも、一発逆転的発想として大いにアリなんじゃないかと思ったりもするわけである。

なんといってもライカだからね。M型デジタルライカだと百万円もしちゃうけど、バルナックライカならその1/10で体験できる。しかも、ライカのルーツだから、僕的にいえばM型デジタルより当然「偉い」。安いライカではなく、尊いライカなのである。それは、使ってみてもらえれば分かると思う。そこには、カメラのキングの意味が濃密に凝縮されて詰まってるから。

このブログの中にもバルナックライカや、その後継機であるM型ライカのことをいろいろ書いているから、ぜひカテゴリー検索かブログ内検索してもらって、フィルムライカの一端を感じてもらえればと思う。カメラを楽しむなら、やっぱりカメラのルーツのことは知っておいたほうが、色んな意味で感動が違う。デジカメしか体験したことがない人、またカメラはまったく体験したことがない人こそ、バルナックライカから入るのは全然アリだと思う。

最近はフィルムカメラ全般に値段が高騰してきているし、年々程度のいい個体の割合も少なくなってきているようにも見える。いまはもしかしたら、程度のいいバルナックライカを手に入れる最後のチャンスかもしれない。ぜひ一度、中古カメラ屋で手にとって、ライカの真髄を確かめてみてほしいと思う。

★今日の新品/中古情報をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。