写真とは

Instagramは言葉がないほうがいい。

image

このアカウント「記憶カメラ」ではブログのほかにTwitter、Instagramを立ち上げているけど、いちばん写真に集中できるという意味ではInstagramがやっぱり好きかな。僕の場合はその使い分けとして、写真を撮ったらまずすべてInstagramにあげる。そして、その写真の中から一枚ずつ切り出して言葉を添えてBlogにアップする。BlogはTwitterに連携してあるから、その言葉と写真はTwitterにアップされる。そういう意味では、僕がやっているのは厳密に言うとInstagramとBlogということになる。

で、このふたつの差はというと、言葉を添えてあるかどうか。Instagramに写真をアップする時は、最近はほとんど言葉は添えない。そのほうがいわゆる写真が持つコミュニケーション性を豊かにすると思うから。それと、言葉を添えるのはBlogのほうでやってるから、Instagramのほうは同じようにはしたくないという気持ちもどこかある。

Instagramは写真に集中できる感じがいい。FlickrやTumblrなんかも似たようなところがあるけど、もっとスナップ感があるといえばInstagramがやはりいい。作品というよりはスナップ。そのせいかGRで撮ってる人もInstagramならたくさん見つけられる。あと、写真専用SNSだけあって写真の質感なんかもどこか綺麗な気がする。最近、フレームの色とか書体の感覚も変更されて、より写真が際立つようになったし、このInstagramだけはブレないよなあと思ったりもしている。僕は今のアカウントは確か3つ目(過去のふたつはフォローの失敗やスパムの多さに閉じたけど)だと思うけど、Instagramがローンチした時からずっと好きで使っている。Twitterの雑多な感じも嫌いじゃないけど、写真を見るということでいえば、やっぱりInstagramが落ち着くかなあ。よくフォロワーさんから「あなたのギャラリー」みたい言われ方をするけど、たしかに自分の部屋の壁に整然と並んだスナップ写真の”マイ・ギャラリー”みたいな言い方がしっくりくるし、そのニュアンスこそがInstagramの最大の魅力だと思う。いろんなSNSがやたらと複雑化してゆく世の中だけど、このInstagramだけはずっとブレずにいてほしいな。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です