RICOH GR

脳が複雑なときは、カメラを持って少し歩く。

image

ジョブズは大事な商談や決断のときは、いつも外を歩いたらしいね。これは僕もほんとそう思う。歩くことは脳に綺麗な血が巡り始めるというか、変な邪念や嫉妬、打算なんかが消えて、とてもニュートラルな思考になれる。

僕はアイデアを出すことを大事にしているし、いまの立場は決断の時も多い。だから、仕事の合間でも脳が複雑になったり煮詰まってると思ったら、少し外を歩く。ニュートラルなじぶんの思考を確かめるために、歩く。

鞄にはいつもGRが入ってるから、気が向いたら写真も撮る。すると脳が中和されてゆく。じぶんが素直になれたり一度バカになれたりする。そういうことはとても大事だと思う。仕事でも、人生でも。世の中の打合せはすべて外を歩きながらすればいいのにね。そうすると世の中はもっとまともな血がめぐる気がする。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です