Leica IIIa

空シャッターというカメラメンテナンス。

Leica IIIa, Elmar 50/3.5

空シャッターというカメラメンテナンス。

バルナックライカの空シャッターは実に気持ちがいい。静かで絶品とされるM3のシャッター音と比べると、同じライカでもずいぶんと違い、元気で小気味いいシャッターフィールだ。その手応えの気持ちよさもあって、僕はバルナックライカIIIaを「空シャッター専用機」的に、よく部屋でシャッターを切っている。

不思議と、一台を空シャッターを切って楽しみ始めると、異なるシャッターも試したくなる。もちろん、対比としてのM3のシャッターフィールも好きだし、空シャッターの「切った感!」でいえば、一眼レフ群は秀逸だ。

最近、僕は所有するカメラを断捨離して、手元に残したフィルムカメラは「すべて機械式のみ」となった(頂き物のNikon FAは除いて)。つまり、すべて空シャッターが存分に楽しめるんだ。

Leica IIIa 、Leica M3というレンジファインダーたち。Nikon F、Olympus OM-1N、Minolta SRT101という一眼レフたち。数多くあったカメラから、これらのカメラを手元に残したのは機械式であること、そしてシャッターを切った時の気持ちよさが決め手だったといっても過言ではない。

フィルムを入れて外で撮影しながら聴くシャッター音もいいけど、部屋の中で聴く空シャッターの音もいい。シーンとした部屋の中で聴くシャッター音は、にんげんの体に聴診器をあててボディのコンディションを確かめるようなところもある。頻繁にシャッター音に触れてると、シャッター音やその手応えでカメラの調子まで少し分かるような気さえする。

カメラを長持ちさせるのは、綺麗に飾っておくこと以上に、たまに適度に空シャッターを切ってあげることなんじゃないかな。機械式カメラは特にそう。電池を使わないフルメカニカルシャッター機構は、内部の細かな機械が絶妙に合わさりあって、あの駆動の滑らかさを維持している。機械に油を指すように、機械を適度に動かすことが何より大事なメンテナンスなんだと、数年カメラと付き合ってきて分かるようになった。

つまり、空シャッターこそがふだん何気にできる最上のメンテナンス。なんとも言えない心地よい感触が楽しめるだけでなく、機械式カメラを長持ちさせることにもなる空シャッターは、まさに一石二鳥のカメラ好きへのプレゼントなんだ。今夜も数台のカメラを出してきて、空シャッターナイトを堪能している。こればかりはデジカメでは堪能できない、極上の感触なんだ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です