Rollei35

フィルムカメラだけ、という自由。

Rollei35, Kodak Gold200

今回の出張にはカメラはフィルムコンパクトRollei35しか持ってこなかった。「今回は」というのは、つまりこれまでならフィルムカメラとコンデジの二台を持参することが多かったということ。フィルムを始めた頃は、ほんと寝ても覚めてもフィルムばかりで撮ってたんだけど、いつの間にか夜スナップはコンデジの出番が増えていたんだよね。

今回の出張も前夜まではマイクロフォーサーズ機のLumix GX7MK2も持っていく気で充電までしっかりしたんだけど、ふと出発前に「いや、フィルムカメラ一台だけにしよう」と思い立ち、Rollei35だけを連れ出す出張になった。で、結果、それが正解だったなと。

まず、何がいいって「迷いが無い」というのがいい。フィルムカメラしか持っていないわけだから、昼でも夜でもとにかく撮ろうと思ったら、やれフィルムとかやれコンデジとか思い悩むことはない。ただひたすら露出を決めてたった一つのカメラのシャッターを切るだけである。

しかも、Rollei35は固定レンズだからレンズ交換も迷いようが無いし、目測機だからファインダー内で細かくピント合わせをすることもない。実に「撮ることにシンプル」なのである。何を今更とか言われそうだけど、デジカメも積極的に撮るようになった今の僕にとっては、このシンプルに撮るということは初心に帰るようなところもあって、意外と効くのである。

以前読んだ本に田中長徳さんがライカでいちばん偉いのはライカA型と言っていたけど、何が偉いって「固定レンズだからレンズ交換に迷うことがない」と。たしかにそうだし、それはシンプルに撮るということに集中できる。つまりそれは、どんな最新の多機能カメラを持つことより、写真というものにストレートに向き合えるってことなんじゃないかなと。

いや、もう少し正確にいうと、何もフィルムカメラ一台だけが最強と言ってるわけでもない。持ち出すカメラは一台がシンプルで良いってことで、それでいえばコンデジ一台だけでもいいよね。実際、僕は長らくどこへ行くにもRICOH GRひとすじの頃があったしね。でも、フィルムカメラなら、その場で撮った写真をモニターで確認することも無いから、さらにシンプルでいられるというのはある。そう、僕的にいえば、より「自由」なんだ。

Rollei35, Kodak Gold200

これは僕の場合かもしれないけど、なんか撮り始めの一枚一枚構えて撮ってる時より、十数枚を超えだんだんと夢中というかがむしゃらにラフにシャッターを切り始めた段階からの一枚のほうが、良さげかなと思える写真が混じってる気がする。無欲がいいんだろうね、なんでも笑。

というわけで、撮ったフィルムは2本。それでも2本か。もう少し撮りたかったな。それこそ、もう撮ってることさえ無意識な状態になるまで。シンプルなフィルムカメラはそうなりやすいという意味で、そう、自由なんだ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です