日記のようなもの

ドラッカーは「複雑なものは、うまくいかない」という一説がいちばん好きだ。

image

その通りだなあと。正確に言えば「上手くやろうとすれば、簡単(シンプル)にしたほうがいい」と。例えばカメラ。僕はWiFi搭載は必須。面倒臭がりのじぶんは撮った写真はコードレスでタブレットやスマホにつなぎたい。例えば自動車。先日、VWとBMWがPHVを発表したけど、ひとは毎日クルマを充電するというのは面倒で、走らせながら充電するHVが当面楽だよなやはり、とか。例えば時計。AppleWatchにはいろんな可能性を感じつつもやはり毎日充電はありえないなあ、とか。ふだんの生活でもこんなだから、多忙なビジネスにおいてはもっとひとは無意識的に効率のいい方法をチョイスする。もちろんなんでもかんでも簡素化すればいいってことじゃないけど、本当にこだわりたい結果に時間を費やしたいなら、方法論のほうはシンプルなほうが上手くいく、という話かなと思ってる。

にんげんの成長とか進化は「継続、とか、繰り返し」。それが数多くできたり続けられたりするには、できるだけやることはシンプルなほうがいい。さて、カメラはこの先どんな進化を遂げるんだろうか。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です