ロードバイク

やっぱりRoubaix SL4 Sportsの走りは気持ちよかった。

image

Roubaixのことに触れておきながら、肝心のRoubaixの写真を載せていなかったから、もうひとつポストを。これが僕のロード、Specialized Roubaix SL4 Sports。2016年モデルの黒/赤タイプ。この車種にはグリーン/ブルーもあるんだけど、Specializedのブランドカラーが赤なので僕には珍しく赤ベースのほうの車体を選んだ。しばらく膝を痛めていてお休みしていたロードバイクだけど、久しぶりに走らせたら楽しかったなあ。あらためて変速のなめらかさとかタイヤが路面をすべる音しか聞こえない精密な感じが、さすがスペシャルとうなった。僕の車体はタイヤもホイールも完成車のままのノーマルだけど、それでも完成度の高い走りが味わえる。この足回りをヴァージョンアップしたらどこまで進化するのか楽しみでならない。

あと、前回のロードからビンディングシューズを履き始めたんだけど、この恩恵も素晴らしい。まるで地面とと僕の足が直結してるかのような綿密な接地感があり、駆動効率がとんでもなくアップしているのがわかる。最初はお約束の立ちゴケも経験したけど、慣れれば恐怖感もなく、むしろ一度慣れたらビンディングシューズはやめられない。ただ、快適だからゆえに少々走りすぎるところもある。今日の僕はあまりの快適さに一度自宅近くまで戻ってきたのに、もう少しその走りを堪能したくてまた同じコースへと戻っていき、さすがに帰る頃にはクタクタになった。でも、このクタクタ感がまたよくて、無になれるというか、なにか出し尽くした開放感みたいなものがある。階段を上るのもちょっとキツいくらいのくたびれ方なんだけど、Runなんかだと足が悲鳴をあげてそこまでは疲れきることはそうは無いから。近ごろからだが鈍ってきてなにかスッキリしないという人には断然このロードバイクという乗り物をおすすめする。全力を出し尽くして自然と一体となる感覚は唯一無二のもの。間違いなく五感が研ぎ澄まされていくから。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です