日記のようなもの

もう一度、GRレンズの精巧さをたのしむ。

僕はアマチュア写真家かと言われればそこはちょっとじぶんでも違うと思っていて、あえて何者かといえばブロガーかなと。だから僕の撮る写真はプリントしてたのしむものというよりは、こうしてブログに使うことを前提に撮っていたりする。一眼レフを持っていた頃は写真が趣味という自覚もあったけど、ブログを始めてからは写真の位置付けがそんな風に変わっていったように思う。カメラをRICOH GRだけにしてからは特にそうで、田中長徳さんが写真はスモールサイズで撮っているというのを本で読んだこともあり、ここのところはずっと解像度の低いXSサイズで写真を撮っていた。ブログに載せるにはそれで十分みたいなところもあってね。ところが最近、Nikonが経営に苦戦しているというニュースを目にして、なんというかまた一眼レフを持ってみようかなという気持ちが湧いてきていて、ここしばらく一眼レフのことを調べたりしている。これだけGRの手軽さに慣れると、もう大きく重いカメラは無理かななどと思いながら、Nikon D3300とかD3400に単焦点と望遠をひとつずつくらいでいいなあ、とか。一方でどうせならD500で写真の精巧さを追求してみようかななどと思ったりも。そうこう考えていたら、一眼レフを物色する前に、このGRでまずは精巧な写りを追いかけてみようかなと思い始めた。そもそもGRレンズはスナップ用のラフなコンデジにしておくにはもったいないほどの精巧なレンズを積んでいる。買った当初はそのレンズの素晴しさを堪能するためにLサイズで撮ってたんだけど、もう一度そのセッティングに戻して、GRで撮る一眼レフ並みの写真の精巧さを味わってみようかなって。RAW撮影もこれまでは敬遠してきてたんだけど、それも含めてもっとGRの性能を最大限引き出してみたくなったんだよね。ただ、GRだけだとどうしても息子のスポーツシーンなんかは撮影しづらい。そのあたり、じぶんとカメラの関係性みたいなものをもう一度再考して、新たに僕らしいカメラの楽しみ方を考えたいなと、そんなようなことをここ数日考えている。おもしろいよね、フルサイズ一眼レフを一度手放して、また一周して一眼レフとGRのある生活を考えているじぶんがいる。いや、一度、一眼レフを手放したからこそたどり着いた思考であり発想なのかな。まずは、その前にGRのポテンシャルをもう一度引き出してみる。そんな春を前にした心境である。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です