写真とは

ひとは偶然性が好き。だからカメラがいい。

image

これはもう絶対確信だと思っていて、カメラが提供してくれるのは「答え」じゃなくて「問い」であり「発見」であり「気づき」だから、ひとはこれほどまでにカメラというプロダクトに魅せられるんだと思っている。僕なんか、撮りたいと思ったイメージ通りの写真がちゃんと撮れたことなんてはっきり言って一枚もない。もちろん、イメージに近づけば嬉しいけど、それよりも予想を裏切られた写真が撮れた時の方が100倍嬉しい。だからノーファインダーで撮ることなんか山のようにあるし、おかげで山のような失敗写真も量産するわけだけど、写真の神様は案外やさしくて、一枚くらいいい具合に期待を裏切る写真を残してくれる。僕の中のカメラとはそういう存在。素晴らしい機械だと思うよ、この偶然性の宝箱みたいなカメラは。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です