NikonとNIKKOR

「僕とNikon」の歩みについて。あるいは、僕がおすすめするNikonたち。

Nikon D5300, AF-S Nikkor 50/1.8G

僕はじぶんが当初想像した以上にカメラを好きになり、今ではブランドを問わず20台を超えるカメラたちが手元にある。もちろんどれも愛すべきカメラなわけだけど、なかでも「Nikon」というブランドは特別な存在かもしれない。きょうはそんなことを少し書いてみようと思う。

Nikon D5300

「僕とNikon」は、このD5300から始まった。Nikonデジタル一眼レフの入門機といわれるAPS-C機の一台だ。ある時、一眼レフが欲しいと思い立ち、仕事終わりにカメラのキタムラへ足を運んで、恐る恐る店員さんへ話しかけ、最後は僕が直感で選んだ。この時にレンズキットの18-140と共に単焦点AF-S 50/1.8Gを手にしたんだけど、生まれて初めて単焦点レンズで撮れた写真を見た時の衝撃は今でも忘れない。僕がこれほどまでにカメラに魅せられたのは、最初のレンズとして単焦点レンズを選んだことが大きいと思う。

Nikon Coolpix P340

今ならAPS-CのD5300は相当コンパクトな一眼レフに思えるけど、当時の僕には相当ゴツいカメラという印象があって、写真を撮るのはもっぱら週末だけ。そうすると当然、平日も仕事鞄に入るようなコンパクトなカメラが欲しくなる。そうして次に手に入れたのがコンデジCoolpix P340だ。選んだポイントは、Nikonのロゴの入った四角いフォルムと明るいf1.8の固定レンズ。D5300のミニ版というイメージで手にしたものの、写りは小型センサーだからもちろん一眼レフのようにボケの豊かな写真が撮れるわけじゃない。けれど、この頃には僕はすっかり「Nikon」というブランドの虜になっていて、このロゴマークを眺めているだけで幸せだった。そして、急速にNikonの真髄みたいなものを確かめたい気持ちが増していった。

Nikon D750

そこからフルサイズ機を手に入れるまでは一瞬だった。たしか初めてカメラを手にして二ヶ月後くらいには、D5300からこのD750へチェンジしたと思う。D5300は思い入れもあったし、そのまま手元に残しておこうとも思ったんだけど、馴染みになった店員さんが「D750で撮り始めたら、もうD5300には戻らない、戻れないでしょう。それほど素晴らしい写りと操作フィールです。」と言われ、ここから僕のカメラはD750メイン、サブにP340という体制になる。(この後、平日の相棒はRICOH GRになるんだけど、ここではNikon機の話だけとする)

Nikon Coolpix P900

レンズが急速に増えていったのもこの頃だけど、特に望遠レンズには分かりやすく魅せられていって、趣味のサッカー観戦でより遠くのものを撮りたいという思いが一気に高まり、この超望遠コンデジP900を手に入れることになる。手にした夜だっけかな、このカメラが売りにしていた「月面を撮る」という楽しみ方を早速試したら、とんでもなく巨大でリアルな月のクレーターが撮れることに衝撃を受けて、以来しばらく月専用カメラとしてP900と戯れることになる。

Nikon FE

ここまでが「僕とNikon」の第一幕、シーズン1かな。その後、実は一旦これらのNikon機とレンズたちをすべて手放して、RICOH GRだけで一年間を過ごすことになる。カメラは相変わらず好きだったけど、趣味のひとつとして始めたロードバイクにのめり込み、カメラはRICOH GRだけで十分じゃないかと思うようになったんだよね。で、実際にGRがあれば日常はまったく困らす、僕はもう一眼レフを手にすることは一生ないだろうとも思っていた。そこに突如として現れたのがNikon FEで、なんとフィルムカメラだったのである。

ここからが「僕とNikon」の第二幕、シーズン2だ。というのも、ここから「露出」という真のカメラの楽しみ方を意識してカメラと付き合うようになったから。逆にいえば、以前D750なんかで撮っていた時は露出のことなんてまるで意識していなくて、カメラ任せでほぼほぼ機械が写真を撮ってくれていた。けれど、FEを手にしたことでしぶんの手でカメラを操作して、露出と対峙して写真をこしらえるということに目覚めたんだよね。そして、フィルムが織りなす光と影のすくい取り方にハートを鷲掴みされ、もう一度Nikonとじっくり向き合う人生が始まる。Nikonというブランドの歴史を振り返り始めたのもこの頃からだ。

Nikon F2

次に僕が手にしたのはフィルムニコンの名機とひとつであるNikon F2だった。Nikon最後の機械式フラッグシップ機の迫力たるや、僕にはもうほんと圧倒的で、Nikonが考えるカメラや写真への美学みたいなものに本当に惚れ込み始めたのもこのF2から。手元にはオールドニッコールも集まり始め、とにかくフィルムで撮る写真がどんどん量産されていった。露出計を見なくても大体撮れるようになったのも、このフィルムで撮る写真を量産していった時期だ。

Nikon D300

F2との出会いからフィルムニコンへとどっぷりハマっていくかと思いきや、僕は意外な方向へ流れていくことになる。それが、次に手にするデジタル一眼レフD300との出会いだ。そう、ここからもう一度、デジタルニコンを再開することになるんだ。今度はフィルムカメラで身についた「露出」というものをはっきりと意識して、もう一度デジイチと向き合ってみようと思った。そこで安価で手に入るD300と、手元にたまっていたオールドニッコールたちを組み合わせて、「マニュアル感覚でデジイチを撮る」ということに目覚めていったんだな。そして、D300でその楽しさを確信した僕は、満を持して次なる本命デジタルを手に入れることになる。

Nikon Df

いまのメイン機のひとつ「Nikon Df」である。非AiのAuto NikkorからAi、さらにDレンズから現行Gレンズまで、ありとあらゆるニコンFマウントのレンズを装着して、軍艦部のダイヤルをカチカチとフィルムカメラのように操作して撮るDfの所作とフォルムはほんと魅力的だった。これが、本当の意味のカメラとの向き合いであり、デジタル一眼レフの楽しみ方だとじぶんの中で確信した。と同時に、僕の中でフィルムとかデジタルとかという境界線がなくなり、「カメラ」を360度フルで楽しむ発想が芽生えたと思う。そして、こんなカメラを現代に世に出すNikonとはなかなかクールだぞと、このブランドを再び惚れ直した。

Nikon F6

フィルムとかデジタルの壁をぶっ壊してくれたDfの後に、僕が手にしたのはフィルムニコン最後のフラッグシップ機、Nikon F6だった。フィルムカメラのようなデジタルを堪能した先に、今度は逆にデジタルのようなフィルムカメラという楽しみ方があるんじゃないかと悟ったんだ。それは見事に僕を納得させ、同時にフィルムニコン機の素晴らしさをあらためて僕に教えてくれた。そう、オートフォーカスであろうが電子式シャッターであろうが、Nikonのフィルムカメラと撮影美学はひたすら楽しいと再確認できたんだ。

Nikon FA

写真の神様はそんな僕の心境を知ってか、この新年の元旦に電子式シャッターの名機のひとつ、Nikon FAと巡り会わせてくれる。F2とF6のハイブリッドのような、さらにDfの存在を思わせるクラシックとモダンの掛け合わせのようなスタイルと操作感は、僕の目を再びNikonへ向かわせてくれた。バランサーの効いた独特のシャッター音と精度の高い露出性能は、Nikonというカメラが僕の五感を震わせる要素を持ち合わせていることを再び教えてくれた。派手ではないけど、カメラとしては地味じゃない実力。それがNikonの真髄かもしれない。

Nikon D200

そして最後に、最近手に入れたNikonのCCD機、D200だ。もともとD300の購入の前に検討していたのはこっちのD200。CCDセンサー機の写りはよく聞く噂としてどこか気になっていて、いつかいい機体と巡り会ったら手にしようという思いがあった。そして今回、ふとその思いが脳裏によぎり、2005年のD200登場から14年にして僕の手元にやってくるに至る。そのCCD機の写りは一つ二つ前の過去記事を見てもらうとして、D200を手にした感想だけいえば、もう素晴らしい体験としか言いようがない。こんな写りのこんな品格あるカメラが2万円もしない価格で手に入る現代は奇跡かもしれない。僕にとっての「Nikonの凄さ」にとどめを刺してくれた感じかな。

こうやって「僕とNikon」を振り返ってみると、ぜんぶつながってるんだな。途中どれひとつ欠けてもこのラインナップにはならなかった気がする。それは縁なのか宿命なのか分からないけど、NIkonが僕の人生に少なからず影響を与えていることだけは間違いない。単に機能とか性能を超えて、存在とか相棒としての共に過ごす時間とか、Nikonというカメラは愚直だけど決して地味ではない、一種の迫力をもって撮り手にいろんなことを問いかけてくる。その繰り返しが、少しずつだけど人生を豊かにしてくれている気がする。写真やカメラを愛する人それぞれに、かけがえのない存在の機材たちがあると思うけど、僕にとってはNikonがその大きなひとつ。そろそろ新しいNikonとの出会いは終わってよさそうだけど、どうだろう、まだ何か「僕とNikon」は忘れ物があるだろうか。それもまた楽しみということで。

Nikon F-801, AF 28-80/3.3-5.6G

追記)この後、手に入れたのがNikon F-801。信じられないような安値で売られていて、思わず連れて帰ったんだけど、AF時の音は少々元気すぎる?けど、写りは申し分ない。一緒に買ったレンズ AF 28-80/3.3-5.6Gも良かったんだろうね。この時代のAFニコン機はポジショニングが中途半端に見えるのか、¥5,000を切るような安値で売られているけど、ニコン機としての品質は間違いないから、買いだと思う。

Nikon F, Auto 50/1.4

そして、直近で手に入れたのが、Nikon F後期型ブラックボディ。これはもうお店で見た時に、あまりのその綺麗さに驚嘆し、思わず連れて帰ったもの。ほんと、使用感をまったく感じない美しさで、こんな品物とは二度と会えないと直感的に思ったんで、思い切って購入した。試し撮りはまだこれからだけど、その触り心地とシャッターフィールは最高というほかない。日本のカメラ史の伝説的カメラといってもいい存在なんで、大切に、でもタフに使っていこうと考えている。というわけで、僕のNikonヒストリーを追記してみた。こうやって眺めてみると、僕のカメラのラインナップではやっぱりNikon機がいちばん数多い。実用品としてのクオリティの高さもだけど、僕はやっぱりNikonというブランドが好きなんだろうな。ライカとニコンは別格なのです。

関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. より:

    お邪魔致します。

    記憶カメラさんは、いずれNikon1を手に入れる!!

    …いや、行ってみただけです(笑)

    • kiokucamera より:

      笑。そうかもしれませんね〜、じぶんでもZ6やZ7よりはNikon 1いくような気がします〜^ ^

  2. より:

    再びお邪魔致します。

    実はかつて、猛烈にNikon1 J4のオレンジが欲しかった事があるんですよ。
    ファンシーに見えて、連写が最高60枚/Sとか、SSが最速1/16000とか、何気にトンデモスペックなんですよね。

    当時は愛機がEOS M3で使い分けが難しそうだったり、まだ複数マウント化に抵抗があった時期だったので、結局は買わずじまいでしたが…
    今目の前に出されたら、衝動買いしてしまいそうです(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です