フィルムを変えるより、僕が変わったほうが早いや。

Pocket

初めてFUJI PRO 400Hで撮った。いつもいちばん安いフィルム FUJI業務用100で撮っている僕の初めてのプロ用フィルムだ。いやあ流石だ、とか言いたいところだけど、率直な感想として業務用100で撮った写真とさして変わらないなあと。正確にいうと、見る人が見ればPRO 400Hらしい描写の差異があるのかもしれないけど、撮った僕の心象というか狙い的にはさして変わらないのである。

考えてみると、フィルムを変えたことだけで何かいい写真が撮れるんじゃないかと思ってパシャパシャ撮ってしまったじぶんがいるようにも思う。写真のトーンがどうのこうの言う前に、撮り手の僕がフィルム頼みみたいになってしまったのかも、とかふと思った。写真は簡単に撮れるけど、だからといって簡単に思ったような写真が撮れるわけじゃない。プロ用フィルムを使ってみて、さして変わらないじぶんの写真を見て、そんなことを思った。

気分転換という意味ではフィルムを変えるのはいい方法だけど、僕はまだまだその前にじぶんを変える必要があるなと思った。写真を撮る意識とか技術とか気分とか。もっとそのあたりをあたためていったほうが写真の変化を楽しめるってね。業務用100でまだまだ勉強だ。というか、業務用100でフィルム写真を好きになったから、僕にとってのいい写真とはその延長線上にある気がしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA