カメラで連日、こども心の日。

Pocket

カメラの威力とはほんと凄くて、こいつを持ち歩くだけでかなり童心に帰ることができる。いわゆる遊び心であり、こども心というやつである。辺りをキョロキョロする感じ、写真を見てくれる人をちょっと驚かそうとする感じ、ひたすら没頭する感じ。どんなに芸術性のある写真に見えても、それを撮る人の心の中はバッチリこども心に満たされていると思うな。数万円でそんなこども心に浸れるなんて、どれだけ幸福なことだろうかと思う。5月5日は年に一度のこどもの日だけど、カメラを持てば大人だって年がら年中、こども心の日にできるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA