まだまだ現役のフィルムカメラのように、僕もメンテしながらいい歳を重ねたい。

Pocket

人出の少ない早朝に墓参りをゆっくり済ませ、帰り道にF2で数枚スナップも撮れたし、なかなかいい誕生日だ。今日はお盆の真っ只中の8/14だけど、僕は約半世紀前の今日、この世に生んでもらった。お墓の前から久しぶりにお袋に電話をして少し会話したけど、いくつになっても母親の気遣いは偉大だなと思うし、本当にこの世に生んでくれてありがとうといつも思う。ご先祖様にもまさにこの世に生んでもらったことを感謝した。

心は若いつもりなんだけど、体のほうはさすがに約半世紀も酷使して、適度にメンテナンスしてあげないとあちこちが故障したりする。Runをしたり、スイムをしたり、ロードバイクに乗ったりとなかなか忙しいけど、僕にとってはそれらは単なる趣味じゃなくて体のメンテナンスでもあるから、家族のためにもそこはトレーニングを続けなきゃいけない。まあ、楽しいんだけどね笑。

僕は最近、新製品というものにあまり興味が無くなった。今日走らせたセダンももう10年乗ってるし、そういえば先日手に入れたデジイチも同じく2007年製のNikon D300で同じ10年選手だなあと。たぶん、この頃にすでに機械としてはどちらも完成していて、この10年は細部の仕上げだったんじゃないかな。車もカメラも10年選手とは思えない実に豊かな使い心地に関心しているというか、惚れている。僕の所有するフィルムカメラに至っては、Leica M3が1955年製、Konica C35が1968年製、Nikon F2が1971年製、Nikon FEが1978年製だから、それはそれはどれも現役の素晴らしい働きをしていて、古いプロダクトを長きにわたって使い込むよさを今、僕は堪能している。そして、じぶんも半世紀近い年月を生きてきて、なんというかやっとそういう同じ年代を生きたモノの本当のよさみたいなものを感じとれるようになったのかなと考えている。

若い頃はそれこそ仕事が趣味で、それはそれでエキサイティングだったけど、体もノーメンテナンスであの頃のようにいくかといえば、それはやっぱりむずかしいわけで、カメラたちと同様、適度に使って、適度にいたわって、適度にチューニングやメンテナンスをほどこしてあげる。なんだか、僕が愛するプロダクトたちはどれも人間ぽいなあと感じた誕生日の朝だ。と、ノスタルジックな気分にひたってばかりはいられない。心はふりかえっても、時間はひたすら前進あるのみだからね。進もう、人間らしく、僕らしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA