日記のようなもの

空を何時間、眺めましたか。

image

デジタライズされた日常が再開した。とはいっても決して苦痛というわけではない。ジェットコースター並みに日々新しいものへとアップデートされる現代はなかなかエキサイティングだから。ただ、そういうデジタルに置き換えられていく量が増えるほど、真逆のアナログ的なことをからだに取り入れてバランスをとる必要がある。忙しい毎日でも簡単にできることがある。

空を見上げるということ。

数分間眺める。頭を空っぽにすることを意識して。空は意外と動いていることに気がつく。雲の流れ。光のゆらぎ。からだのリズムがデジタル時計からアナログ時計に変わる。そういう時間があれば人は意外とがんばれる。一日に空を眺められる時間は数分間かもしれないけど、週末まであわせたら一時間以上は空を眺める人生でありたいと思い始めている。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です