NikonとNIKKOR

程度の良さそうなNikon EMにやっと出会えたのである。

Nikon EM, Nikon Lens E 35/2.5

程度の良さそうなNikon EMにやっと出会えたのである。

実はずっと密かに探していたのである、Nikon EM。フィルムニコンのことに詳しい人ならご存知の通り、このEMという機種はAE絞り優先モード専用ボディ。つまりマニュアル撮影はまったく想定していない、カメラビギナー向けに誕生した製品と言える。

機械式カメラやマニュアル撮影を好む僕が、なぜこの電子シャッターでしかもAE専用機を欲しいと思っていたのか。それはもう、削ぎ落としたゆえのクールなデザインにあるという他ない。

ボディ上面の軍艦部右側にはシャッタースピードダイヤルも無ければ、モード切り替えダイヤルもない。あるのはフィルム送りレバーとシャッターボタンだけ。このシンプルな要素をジウジアーロがデザインしたのである。カッコよくないワケが無いのである。

Nikon EM, Nikon Lens E 35/2.5

しかし、それだけ大衆的カメラとして愛されたせいか、なかなか程度の良いEMを見つけきれずにいた。そして、ついに、やっと、これならいいんじゃないかというEMボディに出会ったのである。

うれしかったのは、EM専用で開発されたといわれるNikonレンズ シリーズEの35/2.5もセットになっていたこと。いわゆるビギナー向けのコストダウン・レンズシリーズだけど、軽量コンパクトなEMボディの軽快さを堪能するにはレンズも当然Eレンズがいい。少しクモリは見られたけど撮影に影響のないレベルのようなんで、こちらもまた楽しみなのである。

Nikon EMと専用ストロボ

あと、たぶん使うことはないと思うんだけど、専用のストロボも付いてきた。モルトは本来なら綺麗に交換すべきレベルだけど、これもひとまずは試し撮りしてみてから考えようかなと。委託品なんでちゃんと写るかどうかは正直現像してみないと分からないけど、見た目と操作感的にはとても程度が良かったから、直感的にイケル!と判断して購入に踏み切った。

それにしても、その佇まいは最高にカッコいい。シャッターフィールもなかなかシビれる乾いた音を奏でるのである。Eレンズもだけど、ニコンはビギナー向けでもその性能に手を抜かないというのが僕の見立て。今度の連休にまた楽しみができたんで、AE専用機らしくウォーキングのお供に持ち出してカシャカシャ試し撮りしてみようと考えている。あ、その前にまず自室で空シャッターに酔いしれるとしよう。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です