Nikon F2

男は黙ってNikon F2。

Nikon F2アイレベル & Nikon F2フォトミック

異論は認めない笑。いや、私見ではあるけど、これほど男心をくすぐる機械は他に無いんじゃないかと実際思ってる。お洒落だとかカッコいいとかなら他にも該当する名機はあるけど、「男は黙って」となると選択肢はNikon F2にしか無いんじゃないだろうか。

Nikon一桁機の最後の機械式カメラ。先代のFの亀倉デザインと比べると、社内デザイナーが手がけたF2は一見地味に見えるけど、FとF2を持ち比べてみれば、F2がとんでもなく磨きをかけてきた完成形カメラであることがわかる。巻き上げレバーなんか寸分も緩みがなくなっていて、手に持って動かしてみたときの無言の堅牢性は恐ろしく凄みがある。つまり、これぞ羊の皮をかぶった狼なのである。

完全に電池を必要としないF2アイレベルにするもよし、F2のスタンダードだった露出計を備えたフォトミックを選ぶもよし。とにかく、こいつが手元にあれば何故か不思議と怖いもの知らずの気分に浸れる。プロ機とはそういうもんなんだろうなと。こんなとんでもない名機が現代では2万円そこらで手に入る。FM2やFM3Aなんかのほうがずいぶん高価なわけだけど、僕は断然F2を勧める。もう理屈じゃないんだ、コイツの男前っぷりは。

追記)あ、でも男心とは書いたけど、それも少し誤りかもしれなくて。というのも、僕が初めてNikon F2アイレベルを手に入れた時、お店には二台のアイレベルの在庫があったんだよね。一台は僕が手にしたわけだけど、もう一台は若い女性が買われていったと店員さんからお聞きした。フルメカニカルシャッターのプロ機を若い女性が持つなんて、いやあなんてカッコいいんだと思ったけどね。ハートを震わすF2の凄みは、男女なんて関係ないよね。ひとを魅了する価値であり、名機なんだよね。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です